FC2ブログ
2019_03
07
(Thu)10:02

かびごん家の猫さま生活環境♪

こんにちは~☆

本日は、前回に引き続きまして、
里親ご希望者さまや保護猫さんへのお問い合わせをいただきました方に
個別にお伝えしている内容を
どどーんとまとめてブログでご紹介しちゃいます!

今回は、かびごん家の内部の様子・・・
つまり、猫さんたちが実際に暮らしている環境についてです^^

お見合いにお越しいただく方には、その時に具体的にご説明するのですが
遠方にお住まいの方はお見合いを省略させていただくことがあるので
こちらのエントリーの画像にてご覧いただけますと幸いです。


では、いきま~~す!
(今日も今日とて、ご興味ない方にはごめんなさい~~)


【かびごん家 猫さんの住環境☆】

かびごん家で、みにゃさんが一番よくいる場所がリビングです。

猫さんは、窓から外を見るのが大好き♪&高い場所が大好き♪なので
キャットタワーは日当たりの良い窓際に置いています。
今はぼんちゃんケージもリビングに移動したので、窓際に置いています。
リビング
★可能であれば、キャットタワーの設置場所は
タワーに乗った時に窓から外が見渡せる場所がオススメです。
開閉する窓際に設置する場合は、窓の脱走防止対策にもご注意ください★



タワーは2つ並べていたのですが、
タワーとタワーの間にみんなが寝っ転がっていたので、ベッドを置きましたw
リビング2

人間用のソファも、猫さまがおくつろぎになるのでブランケットを敷きw
人間用のマッサージチェアは、もはや人間は使うことができません(爆)
(↑猫飼いあるあるですねw)
猫さんって高さが40センチくらいの場所を好むので、
マッサージチェアとオットマンの上は今では猫ベッド置き場となっています(^^;
マッサージチェアの頭の部分も乗るのでミニブランケットを敷いています。

★猫ベッドは、地面に置くのも良いのですが
高さが40~50センチくらいの場所に置いてあげるのも喜ばれますよ★



ここはリビングの隣の和室だった場所です。
猫飼いさんのおうちでは、おそらく畳はボロボロになってしまうと思います。
我が家ではウレタンマットを敷いて、猫プレイルーム(兼かびごん夫の作業部屋w)になっています。
リビング脇和室

リビングフリーの子たちを猫おもちゃで遊ばせる時は
飛んだり跳ねたりしても足腰にも安全だし、階下に音も響かないし♪なので
このお部屋で暴れてもらうことにしています(笑)


反対側から見た様子。
猫トイレ1つと、爪とぎ(縦置き2つ、横置き1つ)が置いてあります。
リビング脇和室2
★猫トイレは、お部屋の「角」など、囲まれた場所に置くと
猫さんが落ち着いて排泄できるのでオススメです★



猫トイレは、この他に廊下に2つ置いてあります。
これはリビングフリーのうちの子たち用で、合計3個あります。
(ケージの中のトイレ、保護猫部屋は別です)
DSC02683.jpg

★猫トイレの設置場所について★
・おうちの猫さんがいつもいる場所(常駐場所)からすぐに行ける所
・常駐場所と温度差がない所 
・壁際や人通りの少ない所(=落ち着いて排泄できる場所)
がオススメです。


○リビングの隅
○猫がいつもいるお部屋に隣接している部屋
○廊下や人間用トイレ、脱衣所など壁際が多く落ち着いた場所
×玄関 (→寒暖差・脱走の危険・落ち着かない)
×ベランダ (→寒暖差・脱走の危険)
×1階が猫の常駐場所という場合で、2階にのみトイレが置いてある等


排泄と食欲は、愛猫さんたちの健康のバロメーターです。
猫は3日おしっこが出ないと死ぬと言われています(ガチです)。
トイレが汚かったり、寒い場所に置いてあったり、落ち着かない場所にあったりすると
猫さんは排泄を我慢してしまいます。
それは膀胱炎などの下部尿路疾患、尿毒症、急性腎不全など病気の元ですので
スムーズにトイレに行けるように配慮してあげてください。

★システムトイレを使っている方は、
シート交換の時だけでなく、必ず毎日おしっこが出ているか確認しましょう★



かびごん家では誰も壁紙で爪とぎをしないのですが
おそらく「縦置き」の爪とぎと、「横置き」の爪とぎを
それぞれ複数個所設置しているからだと思います。
(キャットタワーのポールも爪とぎなので、みんなそこでも研いでいます)
DSC02685.jpg


お水入れは3か所です。(ケージ・保護猫部屋は別)
これは、100円ショップで買った高さのあるフード入れの上に、
ヘルスウォーターボウル(お水がおいしくなる器)を置いているんです^^
DSC02684.jpg


みにゃさんのゴハン台。
これは300円ショップ(3Coins)の「3段シェルフ」なのですが
高さもちょうどいいし、
フチがあるので食べていてもお皿が落ちないので重宝しています♪
DSC02687.jpg



続きまして、保護猫さんたちがいる保護猫部屋です。
保護猫部屋

窓の位置や大きな家具(本棚や木製ケージ、チェストなど)の配置を考慮すると
キャットタワーは窓際には設置できませんでした。
でも、窓際の明るく日向ぼっこできる場所や高い場所(木製ケージの上や本棚の上)に
猫ベッドを置いてあるので、桃もルカもよくそこで寝ています。
もちろん、キャットタワーも気に入って使ってくれています^^


反対側から見たところ。
ルカちんがちょこっと見えているのがw、本棚の上のベッドです♪
保護猫部屋2
本棚は高さがあるので、
隣にチェストと木製タワーを置いて、どちらからでも昇り降りできるようになっています。

現在このお部屋には保護猫さん2匹なので、
猫トイレは2つ(チェスト前と、ケージの中)設置してあります。
お水入れは木製タワーの1階部分に2つ置いています(両方お水入れです)。


あとはですね、臨時で(現在はねむくんがご滞在中)寝室を使うこともあります。
寝室には、キャットタワー1つが常設されていますので
猫さんご滞在中はトイレやお水入れなどを設置して猫部屋にします。


★かびごん家のトイレ掃除事情★
1.朝起きた直後~出勤前まで複数回(出勤時全てのトイレが綺麗な状態)
2.帰宅直後~就寝まで複数回(就寝前全てのトイレが綺麗な状態)
という感じでトイレ掃除をしています。

なので、うちの子たちのトイレは4にゃんで3個しか置いていませんが
毎日最低2回以上トイレ掃除するので、倍の数設置しているのと同じかと思います。

猫の飼育書などには「頭数プラス1個」のトイレ設置が望ましいと記載されていますので
飼育数の少ない方の場合は、そのようにオススメしています^^
とはいえ、トイレ掃除のタイミングや回数にもよるのかな~と思います♪



以上がかびごん家の猫さんたちの住環境でした~☆



【お部屋の広さと猫さんの関係について】

猫さんと暮らしたいと思ってくださるご希望者さまから
たまに「○畳のワンルームなのですが、猫にとって快適に暮らせますか?」とご質問をいただくことがあります。

お部屋の状態や物の多さなどもありますので
一概にはYESともNOとも言い切れないのですが

例えばかびごん家の保護猫さん部屋。
このお部屋はマンションサイズ(小さめ)の「5.5畳」です。

決して広くはないのですが
猫さんは、「平面の広さ」よりも「高低差」があると狭さを感じにくいと言われています。

なので・・・↓ ↓
猫の環境1

猫環境2

↑ ↑
このように、
段差になるように家具やタワーを配置して高低差を作り
その上に猫さんがくつろげるスペースやグッズ(ベッドなど)を置いて
お部屋の狭さの割には、猫さんがストレスを感じないように工夫しています。


このお部屋は「保護猫部屋」なので、人間はこの場所で生活しませんが
このような感じに家具などの配置を工夫された場合
人間1人と猫さん1匹(多くても2匹)程でしたら、快適に暮らせると思いますよ^^

それよりも、
猫トイレや食器、猫ベッドなどを清潔に保つというところのほうが
猫さんの快適さには重要かと思います。

猫だけが生活する保護猫部屋では、
この広さだったら成猫さん5匹くらいまでなら十分快適に暮らせると思います♪


以上、よくご質問をいただく件についてでした~~☆



次回は・・・
脱走防止対策や
かびごん家で使っているグッズのご紹介をしようと思ったのですが
さすがに連続で業務連絡だと申し訳ないので(笑)
次回はぼんちゃんにご登場いただこうと思います~☆



★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
スポンサーサイト
2019_03
05
(Tue)11:00

かびごん家の猫さまお世話風景♪

こんにちは~^^

本日のエントリーは・・・
保護猫さんへのお問い合わせの際にご質問をいただくことが多いので、
かびごん家の猫さんたちへのお世話風景をご紹介しちゃいます!

これまでは個別にメールでお返事していたのですが
画像があったほうが分かりやすいと思いますし
なにより・・・
これからは「ブログのこのエントリーをご覧ください♪」ってまとめてご紹介できちゃう(ウシシ)
一石二鳥なのだ~~。

ではいきま~~す♪
(興味ない方には申し訳ありません~)


【かびごん家流 備品編♪】

猫飼いさんのおうちにはけっこう常備されている方も多いと思いますが・・・
こちらで~~す☆
15516758819685.jpg
↑左から ミニホウキセット(100均)・バイオウィル・バイオチャレンジ・ハイター溶液・ティッシュペーパー です

これらは我が家の猫さまお世話グッズの必需品なので、
同じセットがお世話部屋ごとにいくつか置いてあります。


・バイオウィルとは;
猫さんの体に入っても安心安全な強力除菌消臭剤です。
ウイルス除去能力も高く、恐ろしいパルボウイルスも除去できるので
値段は高いのですが、かびごん家では必ず欠かさずに置いています。
かびごん家使用例)
お外から保護されたばかりの猫さんのお世話全般
下痢や風邪など感染症状のある場合のトイレ掃除や通常のお世話
猫の排泄後の空間消臭
猫ベッドやキャットタワーなど猫が直接触る布製品の消毒
http://www.good-will.co.jp/biowill_c.html


・青いスプレー;
100円ショップ(セリア)の可愛いスプレー容器にバイオチャレンジを入れています。
バイオチャレンジも、二酸化塩素系の環境浄化剤です。
こちらはパルボに効果があるとは書いていない事、バイオウィルに比べて安価なので
通常のお世話の際に使うようにしています。
かびごん家使用例)
猫用キャリーを使った後の清掃・消毒
猫ケージの清掃・消毒
水飲みの器の周りや食器台、木製タワーの清掃・消毒
毎日毎回使用後の猫用食器の消毒
家の掃除の際、掃除機かけのあと床やカーペットなどを消毒
https://pcs-japan.co.jp/BIOchallenge.html#bio
15516758643510.jpg


・ピンクのスプレー;
100円ショップ(セリア)の可愛いスプレー容器に、キッチンハイター溶液を入れています。
キッチンハイターは、いわゆる「次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)」を使った除菌剤ですね。
キッチンハイターのキャップ8分の1くらいの量を、500ミリのお水で割る位の分量です。
これは、毎回の猫トイレ掃除に使っています。
https://www.kao.com/jp/haiter/hit_kitchen_00_fablic.html
15516758452371.jpg

あとは
・猫の体に使える非アルコール系ウェットティッシュ
・除菌もできるウイルス除去用の一般的なウェットティッシュ

も、かびごん家必須アイテムですね~^^




【かびごん家流 トイレ掃除編♪】

かびごん家でのトイレ掃除は、毎回こんな感じです♪
ぼんちゃんが1回使用したトイレでご説明いたしま~す。

1. トイレを回収します。1回分のおしっこがしてあります(下の方)。
★この時、いきなりスコップでザクザクしておしっこの塊を探すってことはしないで~!★         
15516758451640.jpg


2.トイレをそっと傾けて砂を片方に寄せ、おしっこの塊を露出させます。
15516758274753.jpg


3.塊を残さずキレイに除去!
15516758275644.jpg

★猫トイレが臭い場合、多くは「おしっこが掛かった砂がトイレに残っている」ことが原因です。
「トイレの中に、おしっこがかかった砂を残さないようにする」ということが、におわないトイレの近道。
最近の猫砂は各社の企業努力により、おしっこがバッチリがっちり固まることが多いですね。
トイレにいきなりスコップを入れてしまうと、せっかく固まった猫砂が崩れて
「トイレの中におしっこが掛かった砂が残った状態=ニオイの原因」になってしまいます。
ですので、そっと砂を傾けて塊を露出させ、おしっこの塊を残さずに取り除くのがオススメなのです♪


4.個人的にオススメなのがこのスコップ^^
15516758276045.jpg
・ペティオ サンドスコップ → 


5.トイレ内に取り残した「おしっこがかかった砂」も、余さずに除去します
15516758074371.jpg


6.おしっこがしてあった場所(=塊があった場所)に、ハイター溶液をスプレーして消毒します
15516758086282.jpg


7.安価なティッシュを常備しているので、それでふき取ります
15516757825650.jpg


8.トイレの下側半分全体をそのままキレイにふき取ります
15516757831271.jpg


9.今度はトイレの反対側に砂を寄せて、もう片側も同じように消毒してふき取ります
15516757831952.jpg


10.こうすることで、トイレの底はいつもサラサラ清潔。
15516757638402.jpg

このトイレ掃除のメリットとして
・におわない
・消毒できる
ということももちろんなのですが

★トイレの底がいつもサラサラで清潔なので、もし猫さんが下部尿路疾患などになった場合
おしっこの塊を取ると、トイレの底にキラキラした物体を見つけることができ
それはじつは、尿路結石になる前段階の「結晶」なので
尿路結石など重大な症状になる前に異変を発見できる という大きなメリットがあります。

また、我が家では色の薄い猫砂(トフカスサンドK)を使っており、
おしっこがかかった部分の砂は必ずトイレに残らないようにしているので
血尿などになった場合、かなり早期の段階ですぐに発見できる ので健康管理に便利です。



ハイター溶液は猫の体に害にならないか?というご質問もお受けしますが
ハイター溶液はかなり薄く作っており、
なおかつ、
ハイター溶液で掃除するのは、「トイレの底」であり、
猫が直接排泄するのは砂の上なので、問題ないと私個人は判断しています。

かびごん家に余裕があれば、バイオチャレンジを使ってできるといいな、とは思うのですが資力には限りがありますのでね(^^;
出来る範囲で工夫してやっております。


※※個人の意見として・・・ですが※※
「猫トイレのニオイ」という観点だけで言えば、上記の方法でお掃除すると
システムトイレよりも固まる猫砂のトイレのほうがにおわないと思います。
システムトイレは、どうしてもおしっこが掛かった砂やすのこ、シートなどが
一定期間置いておかれる状態になりますので、においの元になりやすいです。



【かびごん家流 食器洗い編♪】

かびごん家の猫さま用食器洗いはこんな感じ~~


1.まずは猫さまたちの食器を回収して、水で下洗いをします
15516758818334.jpg


2.食器に水や有機物が残っていない状態にして、バイオチャレンジをスプレーして消毒します
15516758817553.jpg
★有機物が残っているとバイオチャレンジの消毒能力が落ちるとのことなので
 フードの食べかすなどは水で下洗いしているんです


3.消毒後少し経過したら、普通に食器用洗剤で洗います
15516758644171.jpg

15516758644582.jpg


4.洗剤が残らないようによく洗い流し、乾燥させてできあがり~(乾燥は大事~)
15516758452672.jpg



【かびごん家流 お掃除編♪】

これは、かびごん家の「おうちの掃除」の時のお話しです。

掃除機をかけた後、
クイックルワイパーの濡れたやつで拭き掃除をするんですがね。

その際に
掃除機をかけたあと、バイオチャレンジを床にスプレーして消毒します。

その後、クイックルワイパーで普通に拭き掃除。
15516757637221.jpg


その後、「バイオウィル」を部屋全体に噴霧したりもします。

以上、終了です(笑)!



以上です~。
いやー長かった!
長いエントリーにお付き合いさせてしまって申し訳ありません。

これですね、何人の方に、メールの文章のみでご説明してきたか・・・(爆)
早くこうやってブログに載せて「ここ見てください」ってすればよかったw

これは、あくまで「かびごん家の方法」であって、これがすべて正しいということではありません。
里親様にも必ずこうしてほしいということではなく
お世話の際の参考になれば、
なにかお役に立てる情報があれば、
くらいの感じでお読みいただければ幸いです♪

科学的なアプローチを持ってやってるわけじゃないのでね(^^;
あくまで、かびごんの気持ちとして、こうやると良いような気がするって感じでやってますw


ではでは、
次回は・・・
すみません、次回もですね、お問い合わせがある件についてご紹介が続きます~。
次回は、かびごん家の中の様子のご紹介です。



★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
2016_07
12
(Tue)14:23

保護猫さんの里親様へのお願い

本日は、かびごんの活動にて
「保護猫さんの里親様へのお願い」としてお渡ししている文書の内容を
ブログにてもご紹介致します。

かびごん家の保護猫さんへご応募下さる前に、
必ずご一読をお願い致しますm(_ _)m


【保護猫さんの里親様へのお願い】

完全室内飼育のお願い 
「完全室内飼育」とは、
猫さんをおうちの中のみで飼育し、一切お外に出さない飼い方です。
かびごん家からお嫁・お婿に行く保護猫さんたちは、お外に出なくても
まったくストレス等になりませんので、その点はご安心下さいませ。

猫さんを「お出入り自由」にしてしうと、さまざまなトラブルになってしまうことがあります。
(例)・ご近所のお庭で糞尿をしてしまい、ご近所トラブルへ発展する
   ・交通事故にあったり、迷子になったりして戻って来られなくなる
   ・猫どうしのケンカや接触などにより、病気や虫に感染してしまう
   ・人に慣れているが故に、虐待にあうおそれがある
   ・猫嫌いの人に捕まえられて保健所に連れ込まれる


猫を迎え入れるご自宅の脱走防止対策をお願い致します。
大丈夫だろうと思っていた所を開けるようになってしまう猫は、意外に多いのです。
※「猫 脱走防止対策 まとめ」で検索してみて下さい♪


不妊手術、去勢手術徹底のお願い
成猫さんはほとんどの場合不妊去勢手術が済んだ状態でのお引き渡しとなりますが、
子猫の時に家族としてお迎えいただいた場合は、
その後適切な時期に必ず不妊去勢手術をお願い致します。
時期については、かかりつけの獣医さんにご相談下さい。
手術が終了致しましたら、メールにてご連絡をお願い致します。


ワクチンについて
譲渡時にお渡ししました「ワクチン証明書」の日付をご覧いただき、
毎年その月にワクチンの接種をお願い致します。
ワクチンは3種、5種、7種が一般的ですが、
種類については里親様にお任せ致します。
ワクチンを接種することにより、防げる病が多いことをご理解下さい。
また、外出される際にペットホテル等をご利用になる場合、
ワクチン証明書が必要になりますので、1年間大切に保管して下さい。


トイレについて
猫のトイレには、おもに「固まる猫砂タイプ」と「システムトイレ」があります。
固まる猫砂タイプのトイレの例… オープン型/ ドームタイプ 
システムトイレの例… ウッドチップタイプ / ペットシートタイプ

どちらのタイプが好みかは猫それぞれですが、
猫砂タイプとシステムトイレ両方置いてある場合、
猫砂タイプを好む猫が多いようです。
また、猫砂も原料によって鉱物系、紙系、木製、おから製など様々ですので、
色々試してみる事をお勧め致します。

かびごん家では、現在「おから製の砂」を使っておりますが、
多くの猫さんは細かい粒の砂を好むようです。その場合は「鉱物系」がお勧めです。

猫は大変キレイ好きな生き物であるため、
トイレが汚れていると、排泄を我慢してしまい
膀胱炎やひどい場合は腎炎を引き起こす場合もあります。
トイレ掃除はこまめに行うようにして下さい。

猫がトイレ以外の場所で排泄してしまうことが稀にありますが、原因として
  ・猫トイレの砂が古くなった、トイレが汚い等でそこでしたくなかった(掃除)
  ・トイレそのものが気に入らない(システム→猫砂などタイプの変更)
  ・トイレの場所が落ち着かない(人通りの少ない落ち着いた場所に置く)
  ・かまってもらえない、環境が変わったなど、何かしらのストレスがあった
  ・病気等で、トイレに辿りつくまで我慢できなかった
 

などの理由が考えられます。
むやみに叱ったりせず、まずは「原因の除去」を考えてみて下さい。
 
猫は、「自分の排泄物の臭いのする場所で繰り返し排泄する習性」があるので、
排泄物の臭いが残らないようにきれいに掃除し(酢水やミョウバン水)、
新たなトイレや、トイレとして覚えてもらいたい場所に、
排泄物の臭いのするもの(例:尿をトイレットペーパーに吸いとらせたものなど)を置いて、
「ここがトイレだよ」と教えてあげて下さい。


食事の回数
猫の給餌の回数は、基本的に1日2回が一般的です。
※猫さんの体質や猫種により変わる場合もありますので
食が細いなど特別な場合は獣医さんにご相談下さい。

フードを出しっぱなしにしておくのは、猫の体にあまり良くありません。
(フードの酸化、食べすぎによる肥満)
ごはんの時間をわざと決めずに「だいたいの時間」にしておくと、
無駄な要求鳴きが少なくなります。


フードについて 
どのフードを与えるかにつきましては、基本的には里親様にお任せしておりますが、
いわゆる「プレミアムフード」を推奨しております。(メーカーは問いません)
原材料や添加物、栄養バランスの面において体に良い事はもちろんですが、
将来的に病気になりにくく、
生涯において病気になる回数が減ることが証明されています。

安いフードの中には、内臓疾患を引き起こす成分が入っている物もあります。
フードの成分表示を比べていただくと分かりやすく、その成分が多いことによって
尿道結石ができやすい事も分かります。

与えるフードは、基本的にはドライフードをお勧めしております。
ウェットフードは嗜好性は高いのですが、栄養価が足りません。
基本的にはドライにし、たまにウェットフードを与える、または、
ドライフードにウェットフードを混ぜる、など、栄養バランスへの配慮をお願い致します。

ずっと同じフードを与えていると飽きて食べなくなってしまう子もいるので
数種類をローテーションしたり、
ウェットフードでアクセントをつけるなど
「猫さんが嬉しい食餌」をよろしくお願い致します。


おやつについて 
おやつは多くの子が喜ぶのであげても問題ありませんが、
その場合はフードの量を減らすなど、カロリーに配慮することが必要です。
また、煮干しや鰹節はペット用であっても塩分が高いので、あまりお勧めできません。


お水について
猫さんの健康は「いかにお水を飲んでもらうか」にかかっていると言っても
過言ではありません。
清潔なお水をいつでも飲めるようご準備下さい。

お留守番時間が長いご家庭の場合、お留守番中にこぼしてしまうこともあるので
「2か所以上」に設置して下さいますようお願い致します。

よく「猫にミネラルウォーターはあげてはけない」などと目にしますが、
ミネラルウォーターすべてがいけないのではなく、
市販のミネラルウォーターには「ミネラル(鉱物)」が多く含まれる物があるので
その「ミネラル」が尿道結石を引き起こす恐れがあるのです。

また、猫さんの尿は「酸性」になっても「アルカリ性」になっても尿路結石を引き起こします。
最近流行の水素水も、電気分解してできたものは「アルカリ性」ですので注意が必要です。
(中性の水素水は問題ありません)

よって、正しくは「硬度の高い中性以外の水をあげてはいけない」のです。
日本の水道水は「中性」の「軟水」ですので、水道水で大丈夫です。

猫は、「冷たい水」よりも「触って温かく感じる程度(38~40度くらい)のぬるま湯」 を好みます。
また、水を入れる器を工夫する(プラスチックより、瀬戸物系)、
「お水がおいしくなる器(ヘルスウォーターボウル)」という商品もあります。
「流れる水を好む」という習性を利用した給水器も普及してきました。

※フレーバー水※
猫が水を飲まなくなってしまった時に使う方法です。
耐熱容器にかつおぶし(猫用)をほんの少し入れて電子レンジで加熱
(沸かしたお湯を入れても可)、
適度なぬるま湯にしてからかつおぶしを取りだして与えます。


猫の寿命
フードの改良や、QOL(ペットの生活の質)の向上等から、
最近の猫は寿命が延び、平均して15歳くらいとなっています。
中には20歳、22歳、25歳という長生きな猫もいます。
人間と同じで、老衰による痴呆、介護が必要な場合などもありますので、
大きな愛情を持って見守り、
その子の寿命が尽きるまで、どうか一緒にいてあげて下さい。
対処法につきましては、獣医さんにご相談下さい。

介護はできない、痴呆になったら飼えない、とお考えの方は、
申し訳ございませんが、当方から猫を譲渡することはできません。

また、お申し込み前に「ご自身の年齢と猫さんの寿命」について
よくお考えいただいてからお申し込み下さいませ。


猫の病気について 
猫の寿命が延びたことにより、人間と同じように猫さんも加齢による病気が増えてきました。
・腎臓病 ・癌 ・口内炎 ・甲状腺機能亢進症 などは、
特に老猫がかかりやすいと言えます。

猫の病気については、雄と雌ではかかりやすい病気の種類が違うものもあります。
 
【雄】
下部尿路疾患になる猫が比較的多いです。
毎日おしっこは出ているか、きちんとお水を飲んでいるか、
おしっこしたいのに出なくて苦しそうに鳴いていないか、血尿はでていないか、
など毎日の健康状態に気を配ってあげて下さい。
   
ストルバイト(結石)に配慮したミネラルの少ないフードも売っています。
常に新鮮なお水を飲める環境を作ってあげて下さい。
※逆に水を大量に飲む場合は、内臓疾患がある可能性もあるので注意が必要です
 
【雌】
不妊手術をしないと卵巣系の病気や乳腺腫瘍等になりやすくなります。
雌でも膀胱炎になる子がいますので、「雄の病気」と思わずに注意が必要です。
 

爪とぎ、爪切りについて
猫を飼育する上では、爪とぎは必ずご用意下さい。
段ボール製、麻布製、カーペットタイプなどさまざまな種類があります。
どのタイプが好みか、色々試してみて下さい。

但し、
「ご自宅の中にある素材」でできた物を与えてしまいますと、
猫さんは「つめを研いで良い場所」と「悪い場所」の区別がつきませんので
ご自宅の中に「ない」素材でできたものをご用意下さい。
(例)カーペット敷きのおうちにカーペットタイプの爪とぎ
   木材を生かしたおうちに木の爪とぎ  など

爪切りは、猫の爪の先端、血管のない部分のみを切ります。
猫の体をバスタオルでくるんで切ると切りやすいです。


猫のしつけについて
猫には2歳児と同程度の知能があると言われていますが、
出来ることと出来ない事があります。

しつけとして叩いたりするのは猫にとって逆効果で、
飼い主さんを「恐怖の対象」として覚えてしまいます。

「お手」などを覚える子もおりますが、
無理にしつけたりせず、フードなどを使って楽しみながら行って下さい。


猫さんの様子のご連絡のお願い 
里親様のおうちでの猫ちゃんの様子を、ご負担にならない範囲で画像付きでお知らせ下さい。




★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
2014_07
14
(Mon)11:44

☆保護猫さんたちの里親ご希望者さまへのお願い☆


里親ご希望としてお問合せ下さる前に、下記事項を必ずご確認下さいませ。


たくさんのお願い事項、ご確認事項がございまして、
ご希望者様にお手数をおかけ致しますこと、大変申し訳ございません。

お互いに面識のない者同士が、
「命」というかけがえのない大切なものを託し、
託されることになりますので、
どうかご理解の上、ご協力をお願い申し上げます。

ご応募の後、里親ご希望者様と協議の上お話を進めさせて頂きます。
場合によっては途中の段階でお断りさせていただく等、
必ずしもご希望に添えない場合もございますので、恐れ入りますがあらかじめご了承くださいませ。


*** 里親ご希望者様へのお願い ***

1. ペットを飼育できる住宅にお住まいかどうか、お確かめ下さい。

2. 同居のご家族全員が猫を迎えることに賛成し、 かつ、
   ご家族の中に猫アレルギーの方がいらっしゃらないかご確認下さい。

3. ご家族の皆さまが「心身ともに健康」でいらっしゃるご家庭。

4. 猫ちゃんの生涯が終わる時まで、「終生飼育」をお約束下さい。

5. 完全室内飼育をお願い致します。
   (脱走防止対策+脱走させない)

6. 猫ちゃんの不妊去勢手術は、必ずお願い致します。
   不妊去勢手術完了を証明するもののご提示もお願い致します。

7. 定期的なワクチンの接種をお願い致します。

8. 具合が悪いときには、必要な医療を受けさせてあげて下さい。



上記をお約束下さい。 たくさん愛情をかけてあげてくださいね(*^^*)


※ご注意ください※
当活動においては
「子猫」及び「年齢の若い猫」の里親募集における、
 60歳以上のみのご世帯への譲渡は致して居りません。

 最近の猫さんは20歳を超えて生きる子もおりますので、
 最期まできちんとお世話できるご世帯に限らせていただきます。
 どうかご了承下さい。

学生の方、未成年のみのご世帯、若齢の方には譲渡致しておりません。
 同棲カップルの方も同様です。
 ※ご結婚のご予定という方も、ご結婚後にご連絡下さいませ。

 これからの人生で変化の多い時期です。
 今後何らかの事情から猫さんを飼育できなくなる可能性もあります。
 ある程度生活に目途が立ってからのご応募をお願い致します。

安定したご収入のないご世帯には譲渡致しておりません。
 生き物を飼うにはある程度の経済力が必要です。
 ご理解下さいますようお願い致します。

猫の狩猟本能で「獲物」と認識してしまう動物を飼育している方への
 譲渡は致しておりません。

 (例)・鳥・ウサギ・モルモット・ハムスター・モモンガ 等
 猫の本能として「狩り」の対象としてしまう恐れがあります。
 万が一事故が起こってからでは取り返しがつきませんので、
 どうかご理解下さいませ。


 
**** 猫ちゃんの譲渡までの流れ ****

1. まずは下記事項をご記載の上、お問合せください。
   ①お名前・ご年齢 
   ②ご住所(市区町村までで結構です)・最寄駅名
   ③連絡用メールアドレス・お電話番号 
   ④ご職業
   ⑤ご家族構成 (お名前・ご年齢)
   ⑥猫さんをお迎えいただく住環境 
    (一戸建て・マンション(賃貸・持ち家):ペット可・不可)
   ⑦猫の飼育経験の有無・年数
   ⑧現在飼育している動物(犬、猫の有無)
   ⑨利用している(する予定の)動物病院名
   を必ずお知らせください。
 
   里親募集サイトをご覧になった方はサイト経由で、
   ブログをご覧の方はコメント欄(非公開)よりお願い致します。

2. 里親ご希望者様のご意思の確認を含めて、
   メールのやりとりをさせていただきます。
   場合によっては、お電話でお話させて頂く場合もございます。


3. word文書又はスマホ用の「アンケート」を送信致しますので、
   ご回答をお願い致します。


4. ご自宅の飼育環境の確認にご協力をお願い致します。
   事前のご自宅訪問 又は 
   遠方にお住まいの場合は
   ・ご自宅の中の画像・ご家族・先住動物の画像をお送り下さい。

5. お見合いをお願い致します。(仙台市内地下鉄駅すぐ)
   ※ご自宅訪問とお見合いを兼ねさせて頂く場合もございます。
   ※遠方の方は、お届け時にお見合いを兼ねる場合もございます。

6. 譲渡可能となりましたら、こちらから猫さんをお届け致します。

7. ご自宅へのお届けの際に、「譲渡契約書」を交わします。
   ※譲渡契約書へのご署名とご捺印、
   ※運転免許証などのご身分証明書のご提示、コピー又は撮影
    (ご希望の場合は、当方の運転免許証のコピーをお渡し致します)
   ※医療費一部ご協力金(病気等の治療費は請求致しません)
    不妊手術済の成猫:メス1万5千円〜2万円、オス1万円〜1万5千円、 
    子猫:5千円(ワクチン1回迄)又は8千円(ワクチン2回)
   ※譲渡する猫ちゃんと一緒に卒業写真撮影     
   にご協力をお願い致します。
  
8. 契約時に当方の身分証明書の提示、
   ワクチン証明書や血液検査の証明書等のお渡し、
   お嫁入り・お婿入り道具のプレゼント をさせていただきます。


9. 当方規定のトライアル期間を設けさせていただいております。

10.正式譲渡となる場合は、こちらからご連絡を差し上げますので、
   恐れ入りますがお返事をお願い致します。

 
11.里親様のお宅での猫さんの様子を、スマホ画像等
   簡単な内容で構いませんので、たまにこちらにお知らせ下さい。




※お届け可能地域※
宮城県、福島県、山形県(一部地域)、岩手県(一部地域)
東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県 の一部地域

主に公共交通機関を使ってお伺い致します。
お届けできない地域もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。


★関東にお住まいの方は、搬送費のご協力をお願い致します。
(猫さんが東北にいる場合)
なるべくご負担が少なくなるようにご提案させていただきますので、
その点はご安心下さいませ。

★ご希望の猫ちゃんが重複した場合、お近くの地域にお住まいの方を
優先させていただく場合がございます。
申し訳ございませんが、どうかご了承下さい。

どうぞよろしくお願い致します。