FC2ブログ

仙台市 人と猫との共生に関する条例 

2019, 08. 02 (Fri) 14:48

こんにちは!
暑いですね~~~Σ(´Д`*)
仙台市でも34度!
体はすっかり東北人になったかびごん、この暑さにはへとへとです。。。


先日、自宅に配られた仙台市だよりに、こんな特集がされていました!
↓  ↓  ↓
DSC04334.jpg


「仙台市 人と猫との共生に関する条例」が今年の6月に制定され
来年4月1日から施行されるとのこと^^

アップ
DSC04342.jpg


DSC04343.jpg

条例では
猫の正しい飼い方に務めることや
飼い主のいない猫の適正な管理について規定しているそうで

行政や獣医師、市民などが一体となって取り組むことにより
人と猫とが共生できる社会の実現を目指すとのことです。


アニパル仙台HP より ↓

主な内容は以下のとおりです。

市の責務
飼い猫の適正飼養及び地域猫活動に関する知識等についての普及啓発
市民等が行う飼い主のいない猫への不妊去勢手術、不妊去勢手術のための捕獲、地域猫活動への支援
みだりに繁殖して適正な飼養が困難となる事案に対する指導、助言
市の責務に関する相談への対応
販売業者に対する指導
市が引取りを行った猫の譲渡し

飼い主の責務
飼い猫の適正飼養及び屋内飼養
飼い猫の終生飼養
みだりに繁殖しないよう飼い猫への不妊去勢手術
所有者明示及び日頃からの災害発生に備えた準備

販売業者の責務
猫の購入者に対する適正飼養の方法、終生飼養等についての説明
販売用に供する猫の適正飼養

市民等の役割
地域猫活動やその他飼い主のいない猫の適正な管理の重要性についての理解
飼い主のいない猫へ給餌を行う場合、生活環境の保全等に留意
飼い主のいない猫へ給餌を行う場合、不妊去勢手術、地域猫活動への移行の実施

獣医師等の役割
市・飼い主・販売業者及び市民等への必要な支援の実施




こちら↓に、条文が記載されています
http://www.city.sendai.jp/dobutsu/kurashi/shizen/petto/hogodobutsu/oshirase/documents/nekojyourei.pdf



現在、猫をめぐる様々な問題が表面化してきていますからね・・・

室内で飼っている猫でも、不妊去勢手術をしなかったために
あっという間に管理できない状態にまでなってしまう多頭飼育崩壊

お外の猫さんたち

高齢者とペットの問題・・・
先のエントリーでも記載致しましたが、予期しない死によってペットが取り残されるケース

これらは氷山の一角で、本当にたくさんのことが起きているんだと思います。


せめて、お外で暮らす猫さんたちについては
地域で見守っていただけたらありがたいですね・・・

↓ これは、仙台市青葉区の花壇地区のことだそうです
DSC04344.jpg


仙台市民の皆様!
お庭に来る猫ちゃん、お外で見かける猫ちゃんたちの
不妊去勢手術の助成金が出るのをご存知ですか?
DSC04340.jpg


「無責任な餌やりはするな」と聞きますが
私は、お外におなかをすかせた猫ちゃんがいたなら、ゴハンをあげてほしいと思います。

ご飯を食べられるようにしてあげて、その猫ちゃんが通ってきてくれるようになったら
不妊去勢手術をして、
その子が安心して暮らせるようにしてから
ご飯を継続してあげる、というふうにしていただきたいなと思います。



条例が制定されたことで
少しでも、行政も猫の問題に積極的にかかわってくれるといいな。
少しでも、お外で邪険にされる子が減り、
猫さんが地域に見守られて安心して暮らせるようになるといいなと願います。


にゃんぱく宣言!!
nyannpaku2.jpg


CM流れてますが、ACジャパンのHPに歌がありますね♪
https://www.ad-c.or.jp/campaign/support/support_08.html


o0792108014489816411.jpg

まっことその通り!!
猫ブームと言われていますが、問題も露呈してきていますからね。
「適正飼育」、大切ですね。
かびごんも気を付けたいと思います(^^;
多頭崩壊補備軍か(^^;



※ブログのトップページにも記載しておりますが・・・

現在、かびごんへの猫さんのご相談案件がとても多いので
現時点でご相談いただいている件を持ちまして
相談受け入れをストップさせていただきます。
完全に個人での活動になりますので、すみませんがご了承ください。


***今後の見通し***
7/27(土)ゆう・ぽんトライアル中(正式譲渡予定8/10)
8/3(土)シンお届け、トライアル開始
8/3(土)午後槻木子猫通院
8/4(日)トトお届け、トライアル開始(正式譲渡予定8/18)
8/5(月)又は26(月)チャチャ受け入れ予定
8/10(土)アンディお迎え、トライアル開始
8/11(日)ヤムお届け、トライアル開始(正式譲渡予定8/25)
8/16(金)こまめ(旧ウリ)里帰りお預かり〜8/22まで
未定:サスケお届け(山形市へ)
未定:TNR予定の♀猫2匹(槻木)対応
未定:子猫里親代理募集予定(槻木)
未定:チャチャ通院、医療ケア

上記に加えて、槻木のご相談子猫が白血病キャリアであることが分かったので
インターフェロン集中注射でケアの後
その後のことはまた考えていかなければならなくなる可能性が高くなりました。
なかなか・・・大変です(^^;
どうにか現場の猫さんたちにとって良い方向に進むといいなと願っています。



**********************
【プロコリンとデンタルバイオをどうもありがとうございました!】

麦四郎くん&琥珀ちゃん(元ぴよ丸&きなこ)里親様のHさまより
プロコリン4本とデンタルバイオを頂戴致しましたm(_ _)m
15647139811800.jpg

こんなにたくさん~~どうもありがとうございます!
大変ありがたいです。
シンくんのお腹ケアのために毎日使っておりまして
明日からシンくんトライアルに行くので、お婿入りに持たせてあげようと思います。
少しでもいいウンチが出るようになるといいなと願います^^
そして、デンタルバイオもありがとうございました!
お口ケアに、比較的軽症な子に使っております。
心から感謝致します。大切に使わせていただきますね。


【セラプトfmをどうもありがとうございました!】

トトくん元ご家族のW様より、セラプトfmを頂戴致しました!
15647243914510 (1)

シリンジに続いて、どうもありがとうございました~!
ちょうどトトくんのお婿入りに持たせてあげたかったので、助かりました!
トトくん、トライアルしてくださったSさん宅でも、つい先日我が家でも、奥歯が抜けまして(^^;
今後もある程度ケアが必要なので、セラプトとっても助かります!
このサプリはとっても優秀なんですよ~^^どうもありがとうございました☆

**********************



★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

スポンサーサイト



猫にとって危険な植物〜ネコジルシさんメールより〜 

2019, 07. 20 (Sat) 22:10

どもども!
今回、ネコジルシさんに登録している人に配信されたメールに
とても役に立つ情報がありましたので
こちらでも共有致します!

SNSなどで、猫ちゃんがユリを食べてしまって中毒死してしまったという情報を目にしますが
それ以外にも危険な植物があるようですよ!

猫さんと暮らしている皆様!
特に、植物がお好きな方、ぜひお目通しください!

私も、部屋の中で育てる感じでミニトマトを植えようかと思っていたので
やる前に知れてよかったです〜〜。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ねこちゃんを飼う時、あげてはいけない食べ物については調べることもあると思うのですが
「植物」は意外に盲点になりがちです。

ねこちゃんが中毒を起こしてしまう植物は約700種類あるといわれています。

ガーデニングを趣味にしている人や植物を部屋の中で育てている家庭も少なくありません。
そんな趣味がないとしても、いただきもののお花を飾るなんてこともあると思います。
ねこちゃんは木で爪とぎをしたり、動くものに反応するので、自宅にあると案外あそんだりします。
今回は身近のある植物でねこちゃんが注意するべき植物を紹介します。

(目次)
1.ユリ科
2.ナス科
3.ツツジ科
4.サトイモ科
5.季節特有の花
6.もしも食べてしまったら
7.猫にとって有害な植物を食べさせない


■ユリ科の植物
ユリ科の植物はねこちゃんにとって毒になります。ユリ中毒ともいわれています。
花や葉っぱを食べるのはもちろん危険ですが、切り花などを飾ってある花瓶の水を摂取するのも非常に危険です。
しかしながらユリ科のその成分がねこちゃんに中毒を引き起こしているのは未だ不明となっていますが、飾ってあった花をかじったり、花瓶の水を飲んでしまったりすることが原因で中毒を引き起こしてしまい、
なくなってしまうケースも実際ある以上ねこちゃんに近づけるべきではありません。
特に腎機能が破壊されることが注意点で急性腎不全を引き起こすこともあります。

★該当植物
・テッポウユリ・オニユリ・コオニユリ
ユリ以外
・カサブランカ・チューリップ・ヒヤシンス(現在はユリ科ではない) など

【症状】
嘔吐・流延などの軽度な症状が口に入れた数時間後に発症することがあります。
その後腎臓系の症状が現れたら危険です、尿量が低下または全くしなくなります、ほかにも脱水症状が見られます。
ユリ科の植物を口にした後、嘔吐などの症状がみられた時点で病院に駆けつけるのが正解です。


■ナス科の植物
ユリ科と同じくらい注意が必要なのはナス科の植物です。
ナス科にはアルカロイドと呼ばれる成分がふくまれています。
ジャガイモの芽をとるのはこのソラニンと呼ばれる成分がアルカロイドの一種であり毒性をもっているからです。

★特にトマトは注意
とくに注意したいのが気軽に育てることができるトマトです。
熟した実については何の問題はないのですが、熟していないトマトや葉っぱ、茎にはトマチンと呼ばれる成分がふくまれており、これもアルカロイドの一種になります。
ねこちゃんがいる家庭では育てないまたは、ねこちゃんが入れない場所で育てましょう。

★該当植物
・ナス・トマト・プチトマト・ホウズキ・ジャガイモ・ニオイバンマツリ など

【症状】
嘔吐・下痢、ひどい場合ですと流延、呼吸困難、動悸、血便、麻痺、痙攣など
実の部分の食べる場所については特に問題はないのですが、葉、茎などの通常食べないところについてはアルカロイドが多く含まれていますので症状が強く出ることがあります


■ツツジ科の植物
ツツジにはグラヤノトキシンと呼ばれる有毒成分が含まれています。
グラヤノトキシンは細胞が興奮状態にする作用があり、これにより中毒を引き起こします。
このグラヤノトキシンはツツジ科の全植物にふくまれています。

★ツツジの蜜にも注意
ちなみにツツジの蜜にもこれは含まれています。
子供のころ道端に咲いていたツツジの蜜を吸ったりしたこともあるかと思いますが、それは少量なため特に症状が現れないという形になります。

★該当植物
・ツツジ・シャクナゲ・サツキ・ハナヒリノキなど

【症状】
嘔吐・下痢・流延・食欲不振・元気消失(脱力)・不整脈 など
ひどい場合にはショックなどの発作や肺水腫を引き起こす可能性もあります。


■サトイモ科の植物
サトイモ科の植物と言われるとピンとこないかもしれませんがカラーやポトスなどの観葉植物として有名な植物はサトイモ科になります。

★原因は含まれるシュウ酸
サトイモ科の植物の茎や葉っぱにはシュウ酸が多く含まれています。
これはサトイモから作られるとろろなどにも含まれます。
とろろや山芋をたべると口の周りが痒くなる人もいると思うのですがこれはシュウ酸カルシウムの針状の結晶が肌に刺さることにより発生しています。
これとおなじ原理でねこちゃんにも症状が出ることがあります。

★該当植物
・カラー ・ポトス ・スパティフィル ・アイビー ・フィロデンドロン ・ディフェンバキア ・アンスリウム ・モンステラ  など

【症状】
口の中の痒み、流延、など、ひどい場合は気道閉塞や痙攣などの神経症状が現れることがあります。
また、サトイモにはシュウ酸カルシウムがふくまれていますので尿路結石になりやすいねこちゃんには与えないほうがいいでしょう。


■季節特有の花
こちらでは季節ごとにねこちゃんにとって有害な花を紹介します。

・アジサイ
六月の風物詩ともいえるアジサイですがつぼみ、葉、根には青酸配糖体と呼ばれる物質が含まれています。
青酸配糖体はアジサイの分解酵素や胃の消化酵素と反応することでシアンが生成されます。
シアンは人にたいしても有毒なものになります。
【症状】
嘔吐・下痢・元気消失、重篤な症状の場合、動悸・息切れ、痙攣、麻痺、呼吸困難に陥り最悪の場合なくなってしまうこともあります。

・アサガオ
お子さんがいる家庭では学校の課題でアサガオを育てることもあるとおもいます。
アサガオにはファルビチンとコンボルブリンと呼ばれる成分が含まれています。
これらは種にふくまれていますが、ツルや葉っぱなどにもふくまれています。
【症状】
嘔吐・下痢・血圧低下など

・ヒガンバナ
ヒガンバナにはナス科の植物同様、アルカロイドが含まれているため中毒をひきおこします。
鱗茎(球根のめくれる部分)に特に多く、ネズミや虫よけとして田んぼの間や墓地などに植えられていました。
おなじヒガンバナ科の植物であるアマリリスやスイセンも同様に注意が必要です。
また、ねこちゃんの中毒を引き起こすことで有名なネギもこのヒガンバナ科に属します。
【症状】
嘔吐・下痢・腹痛・流延、重篤なばあいは中枢神経麻痺、最悪は死に至ります。
皮膚の接触により皮膚がかぶれてしまうこともあります。

・ポインセチア
クリスマスの季節に飾る家も多いとおもいますが、ポインセチアも注意が必要です。
ポインセチアはトウダイグサ科の植物でこれにはフォルボールと呼ばれる毒が含まれています。
致死的な毒ではありませんが、ポインセチアを食べて子供がなくなってしまった例もありますので、注意が必要です
【症状】
嘔吐、下痢、皮膚炎


★もしも食べてしまったら無理に吐かせたりせず、病院につれていってあげましょう。

獣医師に伝える際は情報の整理を
【いつ】【なにを】【どのくらい】食べたかを獣医さんになるべく正確につたえることがポイントです。
わかる範囲でメモしておきましょう。

植物の中毒は即効性があるものは多くないので、動物病院に行くべきか否かの判断がつかないときもあると思います。
そんな時はかかりつけの病院に電話をしてみるといいでしょう。
ネットの情報では大丈夫な量と書いてあっても個体差があるので気を付けましょう。


上記で紹介した植物はほんの一部にしかすぎません。
家の中に植物を設置したいときには一度調べてみることをおすすめします。


■猫にとって植物は玩具代わり
猫は好奇心旺盛なのでお家に新しいものがくるといじったり遊んだりすることが多いです。特に観葉植物は蔦状のものだったりすると、猫は動くものに敏感なのでおもちゃのように扱うこともあります。

切り花のお水にも注意が必要。切り花を生けている水を口にすることで中毒を起こすケースが多いのでユリやアジサイなどの切り花を飾るのは避けましょう。




★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

福島のシェルターが新しくなります! 

2019, 03. 12 (Tue) 17:00

みなさまこんばんは^^
今日はどんな日でしたか?

改めて、毎日が普通にやってくることのありがたさを感じ
しっぽの家族たちを愛おしく感じる今日この頃です。


さて、かねてより
かびごんがお世話のお手伝いや里親募集の代理募集、
猫さんの移譲&うちの子としての里親募集などを行って参りました
福島県にあります動物保護団体 にゃんだーガード。

にゃんだーガードのHPはこちらです → http://nyanderguard.org/
にゃんだーガードのfacebookページ → https://www.facebook.com/NyanderGuard/


2012年9月に、私自身がうちの子ルナちゃんの里親となりまして
そこからご縁ができた団体さんでした^^

にゃんだーガードにいた頃のルナちゃん↓
http://nyanderstaff.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
すみれ

シェルターにいた頃はビビリさんで、だれも触ったことのない子だったそうです~^^

その後、かびごんがいち里親として、
ルナちゃんに正式譲渡のお申し出をしたときのシェルターのブログ↓
http://nyanderstaff.blog.fc2.com/blog-entry-590.html


その後、かびごん自身の環境の変化もありまして
2013年1月から、シェルターに実際に赴いてボランティアをしたりと、
積極的ににゃんだーガードにお手伝いに行くようになりました。

こちらの
「保護動物日誌」 を管理するチームのメンバーとして活動したり
(※自分の活動もあるので、現在は退かせていただきました)

里親募集のチームの末端として(笑)、
仙台近郊の里親ご希望者様のおうちに
お宅訪問やお届けにお伺いさせていただいたり

Facebookチームとして、Facebookの投稿などをしたり・・・

と、いろいろやっておりましたが

にゃんだーガードの内部で色々なことがありまして
それからは
自分での活動をメインとさせていただきつつ

シェルターに赴いてのお世話や、
シェルターの猫さんの里親募集の代理、
シェルターの猫さんを我が家に連れて来て、うちの子として里親募集
などのお手伝いをして参りました。


シェルターが発足してから8年。
にゃんだーガードでも、いろいろ試行錯誤をしてきましたが
どうにも資金難となり、
現在の大きなシェルターを維持することができなくなってしまったとのこと。


昨年10月ごろにシェルター長たけさんから連絡を受け
新団体発足と小規模シェルターへの移転を視野に置きつつ
とにかく三春シェルターの猫たちを里親さんにつなげるように頑張って参りました。

が、
やはり、どうしても現在のシェルターを維持できなくなってしまったので

現在の代表本多明氏が、
地元名古屋に譲渡型保護猫カフェ兼シェルターを作って
今のシェルターから猫10匹を連れて行き、

残りの猫たちを、(現時点での予定数77匹)
現在のシェルター長たけさん、こと代田岳美さんが
福島県の富岡町に新たな保護団体を立ち上げ、シェルターを作り
小規模シェルター(大きめな一戸建てのおうち)に移動する予定です。


たけさんが新たなに設立する団体ですが
NPO法人とする予定だそうで、定款も見せていただきました^^
かびごんも、正会員(議決権ある構成員)として、これからもできる限りお手伝いしていく所存です。


たけさんの新団体は
栖(すみか)
DSC_4468.jpg



栖のブログはこちら → https://ameblo.jp/sumika1013/
栖のFacebookページ → https://www.facebook.com/栖の会-2227226157533166/


たけさんの新団体栖では、
現在にゃんだーガードからの猫さん受け入れのため
富岡のおうちを改装して、猫部屋を作っています。

脱走防止対策や、部屋の仕切り、キャットウォークなどは
DIYのできるボランティアさんにご協力いただいているそうですが

猫さんたちの快適な生活のためには、「高さのある場所」が必要です。

なので、キャットタワーを駆使して、キャットウォークにつなげたりと
空間を有効活用する術を今試行錯誤しているそうです。

かびごんも、我が家のと同じシリーズのつっぱり型タワーを3つ、
かびごん栄養費(おこづかいw)から支援しました^^


こちらが栖のAmazon欲しいものリストですので
もしよろしければ、どうか応援してあげてくださいませ。

栖 アマゾン欲しいものリスト→ ここをクリック ★


支援物資の送り先はこちら↓

〒979-7-1132
福島県双葉郡富岡町下郡山真壁182-2
08069167294
代田岳美



栖の会 ご支援金口座はこちら↓

郵貯銀行 
記号 18290 番号 32489451

他行からの場合
【店名】八二八(読み:ハチニハチ)
【店番】828【預金種目】普通預金【口座番号】3248945【名義】シロタタケミ


※NPO法人となるまでは、代表個人名義の富岡町支店の口座となっています。ご了承ください。


シェルター長として長く保護団体に勤務し、
そして資金難から団体が解体していくまでの全てを見てきた40代の女性が

その団体から猫10匹以外のすべての猫さんを引き受けて、
今、
新たな保護団体を作ろうとしています。

故郷静岡から福島に移住し
富岡町に一戸建ての家を購入して、
原発事故によって行き場を失った猫たちの終の栖を造ろうとしてくれています。


だからどうか
8年前のあの日に思いを馳せ
以降8年間、ずっと走り続けてきてくれて
また新たに頑張ろうとしてくれている女性に
どうか温かい応援をいただけますと幸いです。

同年代の女性として、本当に感謝し、尊敬しています。
私にはどうしてもできない決断です。

たけさん、どうもありがとう。
これからも微力ながら応援させていただきますね。




★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

福島のシェルターのシェルター長ブログより 

2019, 01. 05 (Sat) 01:47

かびごん家のお姫さまルナちゃんを譲り受けた動物保護団体であり
かびごんもシェルターの猫さんたちの里親募集のお手伝いをしてきた
にゃんだーガードですが
震災後8年。

深刻な資金難のため、とうとうここまできてしまったようです。

シェルター長のブログをご紹介しますので、
ご覧いただけますと幸いです。

「幸せへの栖 にゃんだーガード」より
新年のご挨拶とお伝えしたいこと
http://nyanderguard311.blog.fc2.com/blog-entry-421.html?sp


猫さんのお迎えをお考えの方、
またはお考えの方を知っている方
どうかシェルターから猫さんをお迎えいただけませんでしょうか?

何卒よろしくお願いいたしますm(__)m

どうぶつ基金さんのメールから転載します 

2018, 10. 09 (Tue) 11:39

猫の島などで無料の一斉TNRなどをしてくださっている
どうぶつ基金さん。

宮城県にも猫の島と呼ばれるところがありますが
私は行ったことがありません。
なぜなら、おそらくこういうことが起こっているだろう・・・ということが分かってしまっているから。

ちょうどどうぶつ基金さんからのメールに
青島の一斉手術のご報告と支援のお願いメールがきましたので転載します。

猫の島、として観光で行くのも良いと思うのですが
じつはこういうことが起こっているのだ、ということを知ってほしいです。

そして、
そういう島の猫たちに無料で手術をしてくださっているどうぶつ基金さんを
皆さまもご支援お願いしたいです。
私もほんのちょっとですが支援しています。


***********************

どうぶつ基金理事長の佐上邦久です。
台風が続いていますが、かびごんさまはご無事でしたでしょうか? 
私たちどうぶつ基金では、台風24号と25号の狭間を縫うようにして、
猫の楽園として世界的に有名になった
愛媛県大洲市の青島で島の猫ほぼすべてに無料不妊手術を行ってきました。

6viyz8kq.jpg


岩合光昭さんの写真集で有名になった青島は「猫の楽園」と称され、世界中から観光客が殺到しました。
しかしじっさいに島に来てみると、
観光客に気まぐれに与えられるだけのエサにありつけず痩せ細った負け組の猫たち、
飢えて食い殺された子猫の死骸、
写真集には決して載らない現実に目を覆うばかりでした。


そんな中、地元の獣医師会やボランティアさんによって、メス猫80頭の不妊手術が行われました。
しかしここでオスとメスのバランスが崩れたことにより、ますます状況は悪化したのです。
メス猫はオス猫たちに囲まれゆっくりご飯を食べることもできずガリガリに痩せている子が多く、
子猫はもっと悲惨で、オスに殺されたり、母猫の育児拒否により、ほとんどが成長できないということでした。


悲惨な現実を知った世界中の観光客や、地元のボランティアさん達から
どうぶつ基金に救援依頼が来たのは、もう5年ほど前になります。
あれから5年間、地元ボランティア、行政、島民の方と根気強く調整を続け、
ようやく今回のさくらねこ一斉TNRが決定したのです。

6fro8z17.jpg
※ゴールゼロ代表の斎藤獣医もボランティア参加、
テキパキと行動していただいたおかげで手術は順調に進みました。

5年越しで決まった事業ですが、9月はじめに予定されていた一斉手術は台風で10月に延期になりました。
ところが今回も台風で連絡船が欠航になり、急遽、3日間の手術予定を一昼夜で行う事になりました。
島に宿泊施設はありません。
手術会場の床で仮眠を取りながら3名の獣医が172頭の手術を施しました。

627n15xg.jpg

翌朝は5時に起床して、後片付けを行いました。

旅立ちの朝、島で猫の世話を続けているKさんの言葉で疲れは吹っ飛びました。

「助かります。手術に反対の考えを持っている人も居るけど、本当に大変なんです。
このままでは猫たちが可哀想なんです。
子猫たち、すぐ死ぬんですよ。
オスに噛み殺されてね、頭だけになったり、手足だけバラバラになっていたり。
もうそんなの見るのはイヤなんです。

メスもね、ご飯を食べることもできないくらい、オスに囲まれて襲われ続けてるんですよ。
だから手術をして下さることで、それらが無くなって、ケンカも無くなってくれたら本当にうれしい。
70年間生きてきて今日が一番うれしいです。本当にありがとうございました」


今回の一斉TNRによりほぼすべての猫への不妊去勢手術ができました。
青島の猫たちはこれ以上増えることなく将来的には減っていきます。

一代限りの命を健気に生きる青島の猫たちを温かく見守っていただければと思います。

どうぶつ基金 理事長 佐上邦久

6y4cvldo.jpg


全国から殺到する無料不妊手術の要請に対して資金不足は深刻です。
また今回のように予定変更があると、航空券のキャンセル、チケットの再購入等で多額の費用がかさなってしまいます。
20000頭分の無料不妊手術もあと一月ほどで底をつきます。十分な獣医療のためのお金が足りません。

産まれてすぐに殺される、そんな悲劇をゼロにするために、温かいご支援を願いいたします。

★さくらねこサポーターに参加して皆さまの力を分けてください。

「さくらねこサポーター」は、毎月2,222円から継続的にさくらねこTNR無料不妊手術の取り組みを応援いただく仕組みです。



救いの手を差し伸べるために、今を救う今回の寄付をお願いします。

https://www.doubutukikin.or.jp/legal/business


***********************

島という隔離された空間で不妊去勢していない猫が1匹でもいると
エンドレスで増え続けるということになってしまいます。

どうぶつ基金さんのおかげで、島の猫たちは平和に、その生涯をまっとうできることでしょう。
同じような島がたくさんあると思いますので
どうかどうか、この活動が続いていきますように。

どうか1匹でも多くの猫さんに幸せがやってきますように。




★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ