FC2ブログ
2019_03
15
(Fri)17:00

コウちゃん近況

本日のエントリーはコウちゃんがご登場!
15501967905001.jpg


かびごんが目に入れても痛くないほど愛してやまないコウちゃんですが
先日、自宅で輸液を始めてから3か月が経過したので
再度血液検査に行ってまいりました。


可愛い寝顔♪下の歯がたまらんw
15501968300131.jpg


結果、
BUN (血液尿素窒素) →72 (正常値~40)
CRE (クレアチニン) →5.7 (正常値~1.6)
P (リン) →9.9 (正常値~8.5)


ということで、
クレアチニンが5を超える末期腎不全ということになりました。。。


(おてて萌え)
15501968301312.jpg



年を取ると腎不全になる猫ちゃんは多く、約3割の子が罹患すると言われています。

腎臓は、主な役割として体内に入ってきた毒素をろ過し尿として体外に排出させる臓器です。
毒素というのは、タンパク質が体内に入ってきたときに、栄養分とそれ以外の分に分かれ
それ以外の分としてできる窒素化合物や老廃物などを指します。

腎機能の指標として
BUN =血液尿素窒素 を見るのは、
血液中にどれくらい窒素などの毒素が体に残っているか、を調べることで
腎臓の働きがどの程度かを知ることができるからです。

いわゆる「腎不全の療法食」は、
この毒素の元になる「タンパク質」の含有量等を下げたものなので
結果として毒素ができにくいということが言えます。

猫飼いさんの中で使われている方も多いと思いますが
カナガンなどのいわゆる「自然食フード」の中には、
タンパク質の含有量が50パーセント以上のものもあり
それは、健康な猫さんにとっては「自然に近い(野生の食生活に近い)フード」なので
体に良いという一面がありますが

腎不全の猫さんに対しては、タンパク質が多すぎるので毒素の元になってしまい
むしろ体に毒ということになってしまいます。

おうちの猫さんの体調や体の状態に合ったフードを選ぶということ、
そしてメカニズムを知るということはとても大切なことだなと思います^^


(しっぽ萌え)
15468406922115.jpg


一方、CRE=クレアチニン というのは筋肉を代謝した時にできる物質で
通常腎臓でろ過されるので、この数値が高いと腎不全であると言えます。
こちらは、
食べ物などの影響を受けないので、純粋に腎臓の機能をはかることができます。

こちらの獣医師のブログに詳しいですが
腎不全は、クレアチニンの値が5.0を超えるとステージ4(末期)ということになります。
残った腎臓機能は10%以下ということですね(涙)

ねこペディア 猫の慢性腎不全のアウトライン


(仲良し萌え☆)
15501967232500.jpg


幸いなことに
コウちゃんは現在、クレアチニンの数値の割にはBUNが低めなので
ゴハンを食べてくれてはいます。

※BUNが高い=血液中の窒素などの毒素の値が高い
=体の中に老廃物や毒素がたくさん溜まって、尿毒症となり
気持ちが悪くなったり、食欲がなくなったり、嘔吐が出る


(仲良し萌え☆)
15500205309930.jpg



現在は、もうカリカリフードは食べられないので
・金のだしカップ 1個
・健康缶の缶(総合栄養食) 1缶
・健康缶パウチ 半分

を、1回あたりの食事としていて、それを1日2回食べています。

カロリー的には健康缶パウチは半分じゃなくて1個食べてほしいのですが
上記でも全部食べ切れずに残したりしているので
無理なく食べてくれる量を模索しています^^


(コウちゃん・・・おめめ半分開いてるよ(^^;)
15501966758140.jpg


同じく腎不全だったマミ竜の時は、
最期の時はクレアチニンは7に近かったと思います。

かかりつけ医からは、P(リン)の値が10を超えて二桁行ったら
正直もう先は長くないよね、と言われました。

今、9.9なんですけどね(´;ω;`)


(コウちゃん・・・・(爆) お隣の黒い物体はルナちゃんですw)
15501966759221.jpg


(引きで見た図;可愛すぎるでしょ)
15501966760152.jpg


輸液もしてるし、お薬も毎日飲んでるし、
毎食後複数のサプリメントも飲んでるし・・・と
やれることはすべてやっているので

あとはもう、
食べたくない療法食はあげずに、
おいしい思いだけ、してもらおうと思ってます^^
それでいいと思ってます。


私個人のエゴだけで言えば、
本当は、大好きなコウちゃんと少しでも長く一緒にいたい。。。

でも、
おいしくない、食べたくないとコウちゃんが思っている療法食をあげ続けて
食べてくれなくて体重減らして
本人もつらい思いして、療法食を与える飼い主さん側もつらい思いして・・・
ってなるくらいなら

今まで2年以上、おいしいよって言って療法食を食べ続けてくれたコウちゃんだから
それをもう食べたくないっていうのであれば
多少腎臓に負担だって分かってはいるけど
おいしいゴハンを食べて、
おいしかった、っていう思い出をいっぱい持って
毎日の「おいしい」の積み重ねで、時を重ねていってほしいと思うのです。


悪い飼い主かもですね(^^;
でも、いいんです。
細く長くよりは、幸せに短く、でもいいんです。


たまらなく可愛いコウちゃん。
もうちょっと一緒にいられると嬉しいな^^
まだまだ、ゴハン食べてくれると嬉しいな^^
大好きだよ☆
15501967636982.jpg






★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

スポンサーサイト