2013_11
12
(Tue)10:00

ダウンしておりました…

こんにちは。


日曜日の夜~月曜日丸々1日、ダウンしておりました。。。


日曜日の午前中にチビ1号と4号をお届けし、
その後、たまりにたまった家事をこなし…ているうちに、

頭がガンガンずっきんずっきんしてきて、耐えられないほどに。
そのうち吐き気も催してきて…。
お医者さんからもらった鎮痛剤を何度飲んでも効かず、
苦しんでおりました~。


いやいやホント。
丈夫だけが取り柄だと思っていたのに、いつからこんな虚弱体質になっちゃったのかしら~。


ソファで寝ると風邪引きますよってご助言下さった方もいらっしゃったのに、
ごめんなさい、既にひいちゃいました…(笑)


そして、私自身よりももっと心配なことが。。。
コウ君が、原因不明の高熱(日曜の夜の時点で40.6度)でぐったりしてしまったのです。


自分のことなんか正直どうでもいいですが、
あのガツガツ系フードファイターコウ君が、朝ご飯の催促に来ないどころか半分以上残すし、
夜はウェットを出して差し上げたのに全く食べないし、お水も飲まない…。


原因不明の高熱というと、今ゴンママさん宅で苦しい思いをしながら頑張っている
コウ君と同じ場所出身のお兄ちゃん猫(FIPの疑い濃厚)のことが思い出され、
居ても立ってもいられなくなってしまいました。


これはマズイと、月曜にお世話になっているテッツ犬猫病院に行ってきました。
たまたまお休みだった夫に車に乗せてもらい、
頭ガンガンの中、吐き気をこらえつつ、自分の顔も土気色…の飼い主。


テッツ先生は、クールでこちらがガンガン質問しないとあんまり何も言ってくれない方ですが、
見立てと腕は確かな方で、いざとなったら頼りたくなる先生です。
コウ君の横隔膜破裂の手術をして下さったのもテッツ先生。


で、心配のあまり「血液検査して下さい」「大丈夫でしょうか」「FIPじゃないでしょうか?」
と色々言ったものの。
見た感じ大丈夫だから、インターフェロン打っておくから。
一週間分抗生剤出すから飲ませてね。」
とのこと。


えっ。それだけですか?
見た感じて。。。
けっこう心配なんですけど~~~~。


・・・と思っていたら、なんと!さすが!
今朝(火曜日)になったら、いつもどおりコウ君が朝ごはんを催促に来てくれました(歓喜)!!!
テッツ先生、ありがとう!!!
ナマイキ言ってごめんなさい!!!


そんなこんなで、コウ君はもう少し様子見ながら、抗生剤を続けます。
ほっと一安心です。


お世話係の方はというと。
やっぱり本日(火曜日)になって、回復致しました。
よかった~。


そんな中、なんと、私を心配してくれたこっぷちんから、メールをもらっちゃいました!

**********************************
こっぷちんでし☆

かびごんちゃん、、お風邪ひいちゃったの?

ママちんが心配してまし

あたちと、大兄も、お風邪ひかないように、
いちゅも、くっつき虫してますでち

早く治るように、皆でお祈りするでち☆

かびごんちゃん、頑張ってくだちゃい!

201311112032000.jpg

*********************************


ぎゃふ~~~!!
こっぷちん!!可愛ゆすぎる!

ありがとう!
かびごんちゃん、頑張っちゃう!!

こっぷちんも大兄ちゃんも、お風邪ひかないようにね!!

元気100倍です☆



というわけで、
おばあちゃんのところの現場の外猫ママが無事保護され、
おばあちゃん宅に入れたことや、

日曜に素敵な里親様の元にお届けに行ったことなど、

たくさんご報告すべきことがありながら、なかなかできずにおりまして
申し訳ございません。

各方面へのご連絡やメールのお返事も滞っております。
本当にご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

順次ご連絡させていただきます。


また、大変嬉しいことに、今、おばあちゃん宅の中猫トトくんにお問い合わせをいただいております。
まだ若い先住猫さんが、お留守の間にさみしい思いをしているのではないかと、
猫さんのことを思っての優しいお気持ちからのお問い合わせです。

先住猫さんとトトくんとの相性もあると思いますが、
先住猫さんのためにも、このご縁が結ばれるといいなあと願っております。




************嬉しいこと************

昨夜22時過ぎ、とってもとってもとっても嬉しいメールをいただきました。

警戒区域の福島県葛尾村で生まれた小さな命、あめくん。

セッターのママ犬が産み、ボランティアの方々の命のリレーでつながった「生」です。

そんなあめくん、先天的に心臓に欠陥があり、大きな手術が必要でした。

「生まれつき弱く生まれる子もいるよ」と、あきらめてしまうこともできたのに、

「どうにかあめくんを助けたい!!」と、大変難しい状況を乗り越え、
手術にこぎつけ、そして、その手術が成功したとのお知らせでした!!!!

なんという奇跡の連続!

この手術がうまくいったら、どんなことでも乗り越えられる気がする

私にメールを下さったMさんがおっしゃったお言葉です。

可能性の低い状況にも決して諦めず、ご自身お住まいが遠いなか、何度もあめくんのところに
通われたいらっしゃったMさん。

ほんの数日お世話をさせていただいただけの私にも、
何度もメールを下さっていました。
(小さなあめくんを抱っこしている画像の後ろ頭は、私なんですよ(笑))


そういう皆さんの「想い」が、あめくんに届いたのだと思います。
本当に、奇跡のような確立なんです。

あめくん、本当に本当によかったね。
これからは、たくさん遊んでいいんだよ。はしゃぎまわっていいんだよ。
素晴らしいボランティアさんや、応援してくれたみんなに囲まれて、幸せだね。

どうか術後の経過も良好で、健やかな体を手に入れられますように。

あめくん基金集めたい発起人の皆さま、本当にお疲れ様でした。
そして、あめくんを救って下さって本当に本当にありがとうございました。


image0004.jpg






里親様とのご縁を広げたいので、恐れ入りますがご協力をお願い致します。

里親募集(猫) ブログランキングへ



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック