2015_10
18
(Sun)13:19

ジンくんの経過

こんにちは(^^)
今日は日差しが温かいですね。
外は寒いのかしら・・・。

昨夜、りいくんトライアルのためにお届けに行ってきました〜☆
とっても素敵なご家族にお迎えいただいておりますので、
頑張れ〜〜と祈りつつ、無事正式譲渡になりましたらご報告させていただきますね☆


本日は、自分用のメモも含めてジンくんの経過のご報告を・・・。
DSC04872.jpg


ジンくん、とても可愛くて人間大好きで、超性格の良い子に育ってます(^^)

でも、同じくらいの体重でお迎えした妹のラムちゃんがどんどん大きく成長しているのに対し、
ジンくんは体重も増えずに成長が遅れています。
食欲不振も続いていて、すごく心配していました。

昨日、再度病院を受診。
これまでの経過を忘備録でまとめます。


日付  出来事・状態/症状/病名/医療行為/処方

9/2  K町から保護/目やに・鼻水・痩せている/風邪・衰弱/インターフェロン注射、駆虫
9/3  検査/ウイルス検査:猫エイズ(ー)・猫白血病(ー)
9/4  呼吸が早く、肩で息をしていることに気づく
9/5  通院/胸水(透明赤)貯留/リンパ腫疑い/
    レントゲン・胸水抜去(場所柄少量)・血液検査・ウイルス検査2回目:エイズ白血病(ー)/
    ステロイド水薬・抗生物質シロップ
9/8  通院/ステロイド水薬にむせるため/ステロイド注射(0.6)インターフェロン注射(0.3)
    ※この日から1日おきにステロイド注射(0.6)・インターフェロン注射(0.3)
9/10 状態上向き・ご飯もよく食べ、風邪症状がなくなる
9/20 通院/呼吸がやや深くできるようになり、状態良好/指示によりステロイド注0.3に減らす/
      抗生物質シロップ
9/26 通院/呼吸が楽そうなので確認のため2度目のレントゲン/胸水減っていた/コンベニア注射
10/5 急にご飯をたべなくなる/元気はあるが食欲がない/右後足に病変部発見
10/9 通院/食欲減退・後ろ足病変部/真菌ほか/血液詳細検査(GPT451:正常値22~84)
    ステロイドのせいかもしれない・グロブリン・アルブミンは正常→FIPは考えづらい
    腸の腫れがあるので虫かもしれない→駆虫薬処方(回虫)
    ※ステロイド注射中止
10/10 駆虫/回虫出ず
10/17 通院/食欲不振が続く/体重が1W前と変わらない為、3度目のレントゲン検査・エコー/
     右肺が機能していない可能性あり。先天性の横隔膜ヘルニア疑い(肝臓かも) 


DSC04890.jpg


【検査内容まとめ】

●駆虫2回
 1回目(9/2):保護時にレボリューション→回虫が出た
 2回目(10/10):食欲不振・腸の腫れにより回虫駆除の飲み薬→回虫出ず

●ウイルス検査2回 猫エイズ(ー)・猫白血病(ー)
 ※妹のラムも陰性なので、これについてはほぼ間違いないと思われる。

●胸水抜去1回(9/5)
 最初のレントゲン時に行う。
 水の位置が心臓に近かったため、少量だけ胸水を抜いてみる。
→透明で赤い液体。にごっておらず(膿胸ではない)油っぽくもない(乳びでもない)。

●血液検査2回
 1回目(9/2):血液一般検査・特に異常は見つからない(GRが126と正常のmax値に近い)
 2回目(10/9) :血液生化学検査・GPTの値が高い451(正常値22~84)

     

レントゲン画像1回目(9/6)
れんとげん
両方の胸にかなり濃いモヤが確認でき、この時点では胸水がたくさん溜まっていた。
そのため、リンパ腫の疑いありと診断。
           

レントゲン画像2回目(10/5)
1443764207253.jpg
前回に比べてかなりモヤがなくなり、胸水改善。
左胸はほぼ綺麗。


レントゲン画像3回目(10/17)
ジンレントゲン3回目
左胸はクリアで綺麗。正常に機能している。
右胸に異常あり。
周りに空気が見えているのに、たらこ型のものが確認でき、おそらく肺だろう。
右肺が機能しておらず、しぼんだ状態なのではないか。
→エコーで何か確認:胸部に肝臓があるのでは?


●エコー1回(10/17)
 右胸部に肝臓らしきものが見える。
 →横隔膜ヘルニア(右部)で、肝臓が逸脱しているのではないか?
  GPT値高い理由も説明がつく。
  何が出ているのはかは生検してみないと分からないが、麻酔のリスクあり。
  横隔膜ヘルニアが先天性だった場合、左肺は正常なので手術は危険。
ジンエコー



・・・ということで、当初たくさんあった胸水はかなり良くなり、
左胸については確認できないレベルに。
右胸のモヤがなんなのかはレントゲン等では分からないようです。

今は胸水というよりは肺がしぼんで機能していないのではないか?
その理由は、右肺に横隔膜ヘルニアがあり、
エコーでみたところ、肝臓がつまっているからではないか?とのこと。

右の胸部に肺以外のものがあるのは確かなようで、それが苦しい原因だろうとのことでした。
肺以外の何があるのかは、バイオプシーで組織を調べないと分からないそうですが、
横隔膜ヘルニアが先天性だった場合、もともと生まれつき内臓がその位置にあるので
無理に正常な位置に戻そうとすると命の危険があるのだそうです。

とくに、ジンの場合はせっかく左肺は正常に機能していて多少呼吸は苦しいながらも普通に生活できているので、
リスクを犯して(右の)横隔膜の手術をするのは危険すぎるとのこと。

そうすると、右胸部に何の臓器が逸脱しているのかを調べるのも、意味がないようです。
何が出ているのか調べて、対処できるなら検査しますが、手術できないわけですから・・・。

ただ、ジンが本当に横隔膜ヘルニアなのかというのはレントゲンとエコーでは確定診断はできません。
3DのCTで調べれば一番良いのでしょうが、せめてCTで調べたいなと思います。

そして、横隔膜ヘルニアだったとして、それが「先天性」なのか「後天性」なのかは、
まだ小さいですし、お外にいた子なのでそれまでの経緯が分からず、これも確定診断できないのです。

先生のご経験上、後天性の場合は事故等で両方の横隔膜が破れることが多いのに対し、
ジンくんは右だけなので、おそらく先天性だろうとのこと。


可愛い可愛いジン、どうしてあげるのがあなたに対して一番いいのか・・・。
DSC04934.jpg


せめてCTを撮って横隔膜ヘルニアが本当に起こっているのか、
それとも内科的なもので治る病気なのかどうかの確定をしてあげたいと思っています。

オソロシイのは、CT撮影代金ということになりますが(^^;
命には代えられないので、なんとか踏ん張りどころですね。。。


こちらの心配をよそに、ご本にゃんはおもちゃで遊ぶのも大好きだし、
とにかく甘えんぼでゴロゴロすりすりでとても楽しそうに暮らしています。
せめてもの救いですねえ。

ああ可愛い。
DSC04939.jpg


肝臓の数値が悪いのは、ステロイドのせいなのか横隔膜ヘルニア(肝臓)のせいなのかも含め、
もう少し時間が経ってから再度の血液検査は必要ですね。

肝臓が良くないので、負担をかけないためにも、食欲がなくても何か食べさせるようにしています。
かわいそうですが、食べる量が少ないときには強制給餌。
スタミノールを口に入れると食べてくれるので、とても助かっています。

体重が増えないながらも、少量しか食べないのに「減らない」でいられるのは、
皆様がご支援くださった高栄養フードのおかげです。
ほんとうにどうもありがとうございます。
ジンくんの命をつないでくれています。

退院サポートがお気に入りのようで、カロリーエース+退院サポート+初乳+ビオの組み合わせが
ここ最近のテッパンメニューとなっております。


目下、近場で診断において腕のいい先生がいらっしゃり、CTを撮れる病院を探し中。
なんとか少しでも状況改善できるように頑張ります。


ジンくんにはかわいそうですが、ラムちゃんが人慣れバッチリになりしだい、
ラムちゃんだけで里親募集を開始しようかな、と思っています。
ジンとラムの仲良しな様子をみると、まだ悩み中です・・・。

兄妹一緒にいると、追いかけっこして遊びたくなっちゃいますが、
片肺でしか呼吸できないジンくんは、あまり激しく遊ばないほうがよいのです。。。


ramurii.jpg


ラムちゃん、かなり慣れてきたので、ほんとうのおうちでじっくりゆっくり接していただければ
ゴロゴロすりすりになると思います(^^)
今でも触るとゴロゴロ言ってくれて、かびごんの手をペロペロしてくれます☆


では、またご報告いたしますね〜〜。





↓里親様とのご縁を広げたいので、恐れ入りますがクリックお願い致します↓

里親募集(猫) ブログランキングへ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

ジン君。頑張ってるね。毎日楽しいね。幸せだね。
当たり前の日常がずっとずっと続きますように・・・祈ってます。

アマゾンから少しばかり送りましたがギフトにしなかった気がします。
ごめんなさい。ジン君の為だけでなく世の中の猫さん達の為自分の使えるお金で役に立つ事を信じて継続したいと思います。
寒くなってきました。かびごんさんもにゃんず達も体調に気をつけてくださいね。

2015/10/22 (Thu) 10:57 | さんにゃんずまま #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

さんにゃんずままさま☆

ジンくんに優しいお言葉を頂戴し、どうもありがとうございます(*^^*)
ジンくんご本ニャンは、いつもしっぽピーンで歩きまわり、
ラムちゃんとくっついてねんねしたり、おもちゃを追いかけたり、
私に甘えにきたりして楽しそうにしてくれているのが救いです。

ほしいものリストからご支援いただきましたとのこと、本当にどうもありがとうございます。
ショップによっては、お送りくださった方のお名前等が記載されていないので、
御礼が申し上げられないのが心苦しいのです(><)
本当にどうもありがとうございます。
大切に、感謝して、保護猫さんや外猫さんたちの栄養にさせていただきますm(_ _)m

2015/10/22 (Thu) 13:29 | かびごん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント