2016_06
03
(Fri)11:31

あなたが嫌がることはもうしない

ここ数日、マミ竜の調子が良くありません。。。

5月31日に撮影したマミー。
マミー5月31日
補液直後なので、向かって左側がたるんってなってますが、
身体はガリガリ、骨と皮みたいな状態です。

それでも今までは、多少イヤイヤするものの、強制給餌も頑張ってくれていたのですが、
ここ3~4日はイヤイヤが激しくなり、とても嫌がるようになってしまいました。
吐き気が強くなり、きっともう、本当になにも口に入れたくないのだと思います。

ゴロゴロ言いながらお膝に乗ってくれるのですが
お膝に乗っている体勢がつらいようで、お膝にのる時間も短くなり
屋根のある狭い場所、冷たい場所、ふかふかしていなくて固い場所へ移動するようになりました。。。


こうやってパタっと倒れていることもしばしばで、思わず呼吸を確認してしまいます。
マミーぱたり


こちらはつい先日、5月24日のマミー。
この頃までは、強制給餌もできていたので、少し身体もラクそうなのですが。。。
マミー5月24日
大好きなコウちゃんとくっついてます(^^)

こうやって見ると、短期間でとても状態が悪くなってしまっているのが分かります。


吐血すること3度。
まみーお目目
こちらは最初の吐血の後。4月28日でした。


この直後、ほんの少しだけ自分からゴハンを食べてくれた時の画像。
4月28日ごはん少し
マミーが自分でゴハン食べてくれてる!ってとても嬉しかった。


4月末頃は、ずっとおこもりベッドに籠りきりで、その中におしっこしてしまっていたので、
「もしかしたら、ゴールデンウィークに亡くなってしまうのではないか」
と思っていました。
GW明け、マミーが生きていてくれたことが本当にうれしかった(^^)

そして、
「奇跡でも起きないかぎり、5月は越せないだろう」と思っていたのに、
6月を迎えることができました!


4月、ベッドに籠っていた頃のマミー。
マミー4月


腎臓の数値が悪くなって、療法食を食べ始めたのが去年の5月。
急に具合が悪くなって、いつ亡くなってもおかしくないと言われたのが去年の11月。
毎日補液をするようになって、半年。
強制給餌でしか栄養を取れなくなって5カ月。

マミーは、とってもとっても頑張ってくれていると思います。

私の母親から、
「マミーはあなたの愛情に応えようとして、頑張って生きているんだと思うよ」
と言わたけれど、本当にそのとおりだと思います。。。。


だから、「私のため」に頑張ってくれているマミーに、
もうこれ以上苦しい思いをさせたくない。

どういう決断がいいのか全然分からないけれど、
正解がどれなのか分からないけれど、
とにかく
「もうマミーに苦しい思いをしてほしくない」と思うのです。

病院の先生とも相談して、
マミーがそんなに嫌がるなら…と、強制給餌をやめようと決断しました。
もちろん、具合が良さそうな時や体調を見計らって、
口元に持っていくということは毎日致しますが、
マミーが食べるのを嫌がるなら、もう無理にはあげないようにしよう、と。


少しでも気持ち悪いのがなくなるように、
少しでも身体がラクになるように、
整腸剤と吐き気止め入りの補液を毎日と週2回の造血剤は続けます。


大好きなマミー。可愛いマミー。
少しでも長い時間一緒にいたいって思っちゃうのは、エゴかな。
マミー隙間
大切なあなただから・・・
あなたが嫌がることは、もうしないって決めたからね。

見てるのはつらいけど、最期まで一緒にいられる幸せを確認しながら日々を過ごしますね(^^)




↓里親様とのご縁を広げたいので、恐れ入りますがクリックお願い致します↓

里親募集(猫) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

かびごんさん

リンクとコメントありがとうございます<(_ _)>
かびごんさんがついていれば百人力(*^_^*)



かびごんさんのツライ決断、読んでて胸が張り裂けそうです(T_T)

・・・マミ竜ちゃん心配ですね。

【少しでも長い時間一緒にいたいって思っちゃうのは、エゴかな。】

そう思う気持ち、私はエゴではないと思います。


マミちゃんはかびごんさんが里親募集をした中で
(疾患があったせいか)なかなか里親がきまらず

自分が引き取って最期まで飼うと決めた猫でしたよね。


どんな状態になっても

自分の子(猫)とず~っと一緒にいたい気持ちというのは

エゴではなく愛情だと思うのです。


マミ竜ちゃんが「かびごんさんのために頑張っている」

のも愛情です。


ずっとず~っと幸せを感じていられますように願ってます♡



2016/06/03 (Fri) 13:12 | バカボン(レオ) | 編集 | 返信

お気持ちお察しします。
見守るのは辛いけどマミ竜さんの生命力のあるがまま受け入れるのが
家族として出来る事かもしれません。
かびごんさんの愛情に応える為に頑張ってるじゃなくて大好きな
ママ・パパと居たいとマミ竜さんが望んでるの頑張りだと思います。
少しでも苦しい・辛いがないように・・・お祈りしてます。

2016/06/03 (Fri) 13:22 | ぴろ | 編集 | 返信

マミ竜さん、健気だなぁ(。>д<)
辛くて辛くて、たまらないだろうに。
『頑張らなくていいんだよ』と言う想いと『頑張って』と言う想い…。
私って勝手だなぁ(´Д`)
遠く長野から、元気玉を送りま\(^^)/
マミ竜さん、大好きだよ♪

2016/06/03 (Fri) 18:13 | 銀の翼 | 編集 | 返信

かびごんさん辛いですね…
多分答えに正解はないのだと思います。
かびごんさんの愛情はマミ竜さんにも十分に伝わっていてマミ竜さんも一緒にいたいという想いがあるからこそ生き続けていられるのだと思います。神様の決めたその日までお互いが幸せな時間を過ごせますようにお祈りさせて下さい。

2016/06/03 (Fri) 21:07 | さんにゃんずまま | 編集 | 返信

こんにちは、
お気持ち良く分かります。私もエゴとの闘いで
した。ワンニャンさん達も人間と同じように年齢重ねられたらよいのにな、、、
でも、私達飼い主が先に逝ってしまったら路頭に迷ってしまうからね(>_<)
実はうちの実家のワンも今年に入ってから4回も手術してて、、K先生からは安楽死も視野に入れてて欲しいと(;_;)
歯茎の癌なので可愛いい顔が手術する度に崩れていくんです。見てるのも辛いし、本人も苦しいと思うので姉は今度再発したら悲しいし厳しい決断だけどもう楽にしてあげたいと、、
運命と受け入れなければならないのですが辛い現実です。
がびごんさんもマミちゃんも頑張り過ぎないで下さいね。マミちゃんにはがびんごんさん、パパさん、仲間ニャンが付いてる幸せにゃんこ様です!

2016/06/04 (Sat) 10:51 | うにぴー | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

バカボンさん

温かいコメントどうもありがとうございます。
なんだか救われた思いです。

病気で苦しい思いをしている子に対して
「まだ一緒にいたいから頑張って」って言ってしまうこと・・・
エゴなのか、愛情なのか、
でも、純粋な愛情に基づく気持ちであることは間違いなくて。

マミーのことが本当に大好きだから、少しでも一緒にいたいと
心からそう思いました。

ありがとうございました。

猫カフェ、頑張ってくださいね!
私にできることがあれば何でもお手伝いします。
オープンしたら絶対に行きますね(^^)

2016/06/08 (Wed) 13:31 | かびごん | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

ぴろさま

温かいお言葉ありがとうございます。
そうですね、私がどうこうということじゃなくて、
マミーの生命力を受け入れ、信じることが大切ですね。

私のためじゃなく、マミーがそうしたくて頑張っているというお言葉
目がさめる思いでした。
本当にありがとうございました。

2016/06/08 (Wed) 13:32 | かびごん | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

銀の翼さま

長野からだったのですね~。
どうもありがとうございます!

マミーはたくさんの方に応援していただけて、
好きになっていただけて、
とっても幸せな子ですね。

皆さまの優しさに本当に感謝です。

2016/06/08 (Wed) 13:33 | かびごん | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

さんにゃんずままさま

温かいコメントどうもありがとうございます。
病気があって苦しい思いをしている子に対して
それ以上頑張ってもらうかどうか、
強制給餌をしている場合、続けるかやめるか、
どんな場合であっても、みなさん悩まれるところですよね。
そして、我が子に苦しい思いをしてほしくないっていうのは
みんな同じ思いなんだろうなと思います。

とても難しいことですが、
マミーが「私が愛情をもって決断したことだ」ということを
分かってくれて、それが伝わっていればいいなと思います。

2016/06/08 (Wed) 13:38 | かびごん | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

うにぴーさま

いつも温かいコメント・アドバイスありがとうございます。

そうでしたか、ご実家のわんちゃん、あれ以降も手術を繰り返しているのですね。。。
その子のためにどうしてあげるのが一番いいか、
どういう選択をするのがその子の幸せなのか、
本当に苦しくて悩んで決断が難しいところですよね。

でも、私たち家族がその子のためを思って、その子を思いやって決断したことは
きっとその子に伝わると思うのです。
ご実家のわんちゃんも、どうか苦しくなく愛情に包まれながら過ごせますように。

2016/06/08 (Wed) 13:40 | かびごん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント