FC2ブログ
2019_01
14
(Mon)18:49

ゆうちゃん永眠致しました

皆様こんばんは。
いつもブログをご覧くださり、本当にどうもありがとうございます。
今日は仙台では、「どんと祭」が行われています。

ブログ、間が空いてしまいましてごめんなさい。
前回のエントリーで、「次回ゆうちゃんのことをご報告致します」と書いたため
自分の気持ちの中で、なかなかゆうちゃんのことを書ける元気が出せず
1週間という時間が経ってしまっておりました。


かびごん家のアイドル、優しくて可愛い可愛い甘えんぼなゆうちゃんは
1月6日(日)の21時22分に永眠致しました。
DSC02439.jpg


※ここからは、ゆうちゃんが死を迎えるまでをご報告しています。
苦手な方はお読みにならないようお願いいたします。


12月20日頃から本格的にだんだんと体調を崩していったゆうちゃんですが
最後に自分から食べてくれたのは、12月31日のこれ。
ちゅーるです。
15463095992350.jpg


保護猫さん部屋のベッドにねんねしに行ってたのですが
15463095993761.jpg


桃太郎とルカがごはーん!ごはーん!と大合唱してご飯タイムを迎えたので
つられてゆうちゃんもちょっと食べてくれたんです^^
15463096425392.jpg


大好きなコウちゃんと一緒にねんねしたり
DSC02419.jpg


みんなで猫だんごしたり
DSC02424.jpg


レオくんとコロンしたり
DSC02411.jpg

きっと体はつらかったと思うのですが
みんにゃがいてくれたから、
本人も頑張ってくれたのだと思います。


お正月休みだったので、かびごんがずーっとゆうちゃんについていてあげることができました。
DSC02431.jpg


本当に、12月28日の夜から、毎日24時間ずっと一緒でした^^
寝るときも、ゆうちゃんがいるリビング(ホットカーペットの上)でブランケットをかけて
夜中も小さい電気をつけて万一のことがあったらすぐに分かるようにしていました。
15463095214902.jpg


朝もなく、夜もなく、ずーっと一緒。
とても貴重な時間を過ごさせてもらいました。
15463095479392.jpg


12月20日以降はもうカリカリを自分から食べなくなっていたので
ゆうちゃんが自分から食べたいと思うようなものだけをあげていました。
ちゅーるを少しだけ食べてくれるくらい。
あとは、イヤイヤされない時だけ、カロリーエースなどの経口栄養を
10ミリシリンジで最初は1日40ミリくらい、
だんだんと1日20ミリになり、10ミリになり、
イヤイヤする日が多くなってきたので、あとはちゅーるをあげるのみで
経口栄養をあげるのもやめていました。

本人が「いやいやする」ということは
本人自身が「もう体が栄養を必要としてないよ」ということを教えてくれていたのだと思います。



1月になってから、3日を過ぎたらもう
食べ物の匂いを嗅ぐだけでえづいてしまうようでしたので
きっぱり経口栄養をやめ
自分からお水を飲む以外は、食べ物はもう取れなくなっていました。
そんな中でも、こうやってへそ天姿も見せてくれていたんですよ^^
15468406772012.jpg


1月5日昼前ごろのゆうちゃんです^^
15468406772783.jpg


レオくんが通りかかってチラ見w
15468406773594.jpg


固形のものを食べられなくなり、
うまく消化できなくなり(最後のほうは黒っぽい水様下痢のみ)
水分の経口栄養(少量のシリンジでの給餌)も受け付けなくなり、
摂取するのはお水を少しだけ。

最期までトイレは自力で行けましたが、
最後3日間くらいは
自分でも知らないうちにおしっこが出てしまうようで、
寝ている間に猫ベッドにしてしまうこともありました。
DSC02414.jpg


1月5日の昼間。
基本はいろんな猫ベッドを行ったり来たり。
ご飯を食べていないので、歩く時はもうフラフラしてしまいます。
15468407479344.jpg

こういう時、数種類の猫ベッドを並べておいてあげると良いかなと思います。
少しでも体が楽な姿勢を取れるものを、本人が探しますので^^

本人も気づかないうちに排泄してしまうことがあるので、
ベッドの下にペットシートを敷いてあげると良いですよ^^

ただ、ベッドを汚したくないからとクッションの「上」にシートを敷くと
シートのカサカサした感触がイヤで乗らなくなってしまうことがあります。
最期くらい、気持ちよく過ごさせてあげたいと、
ベッドはいつも通りで、一番下にペットシートを敷くことにしました。

かびごん家では数種類違うベッドを並べていたので、
少しウトウトしては、体の向きを変えたり、ベッドを移動したりしていました。
ずっと同じ姿勢よりも楽な姿勢になれますし
同じベッドだけよりも気分転換になるのだと思います。


1月6日の午前2時過ぎくらい。
突然急にゆうちゃんがコウちゃんとセロくんが乗っていたベッドに乗ろうとしました。
フラフラでもううまくジャンプできないので、乗せてあげました。
体はつらくても、大好きなみんなとくっついてねんねしたかったのでしょうね。
15468407479895.jpg


降りるのに飛び降りようとしたため、
間一髪で体を支えてゆっくり着地させました(^^;
その後またひとりのベッドで。
15468407480596.jpg


1月6日のお昼頃。
亡くなる直前は、体のつらさがお顔に現れてしまうようで
こういう感じで目がつりあがったように見えることが多いです。
こういう表情になったら、あ、もう「その時」は近いなと分かります。
15468407633227.jpg

猫さんを亡くされたことのある方はピンと来るかもしれませんが
亡くなる数日前から、「亡くなる前のにおい」がしてきます(体臭)。

死を迎えるということは、そういうことなのだろうと思います。
少しずつ、体の機能を失っていき
少しずつ、体が死を迎える準備をしていくのだろうと。


ゆうちゃんの最期ですが
かびごんとかびごん夫、そしてセロくんに看取られて永眠しました。


最期は、けいれん発作が起きて亡くなる子も多いです。
ゆうちゃんも例にもれず、最期はけいれん発作が起きました。

この時はもうあまり耳も聞こえていないと思いますし
本人も一番苦しい時ですので
側にいる私たちは、(発作中は)猫さんの体をおさえたり膝に乗せたりせずに
一番苦しい時を必死でこらえているその子のそばにただ寄り添って
ねいちんはここにいるからね、そばにいるからね、と声をかけてあげることしかできません。


発作がおさまった後、しばらくして。
呼吸をしなくなったので、ゆうちゃんが亡くなったと思って
私はゆうちゃんをお膝に乗せました。

そしたら・・・
なんと、ヒュっと短く呼吸をしたのです。
1分間に2〜3回の深くて短い呼吸に、非常にゆっくりな心拍。
もう意識もなく、きっと本人は「走馬灯」の状態だと思いますが
そういう仮死状態で、
ゆうちゃんは私のお膝の上で40分くらいを過ごしてから
ふっと小さな息を吐いて今度こそ魂が肉体から抜けていきました。


甘えんぼでねいちんのことが大好きだったゆうちゃんは
2歳と1ヶ月という短い生涯だったから
DSC02357.jpg


最期の最期、にゃんこの神様が
他の子よりもちょっと長めの、
そして
かびごんのお膝の上でリアルな走馬灯を見せてくれたのかもしれません。
DSC02307.jpg


1月7日から仕事になってしまい、
一緒にいられなくなっちゃう状態でしたが
正直、きっとゆうちゃんは6日に亡くなるだろうと心のどこかで思っていたところもありました。


ねいちんもにいちんも一緒にいられるめいっぱいの日、時間で
ゆうちゃんはお空に帰ったんだな、と。
そして
発作が起きたあとも、
40分もねいちんがお膝の上でゆうちゃんとお別れを言う時間をくれたんだなと。
DSC02302.jpg


アニマルコミュニケーションのブログになりますが
以前、ゆうちゃんからこんなお話を聞いたことがあったんです。

「ゆうちゃんにから聞いた いのち のはなし」


アニマルコミュニケーションの師匠も、
ゆうちゃんのためにご自身のブログからこちらのエントリーを再アップしてくれました。

「闘病中のペットさんへの接し方」



アニマルコミュニケーションで(苦手な方ごめんなさい〜)
かびごんはゆうちゃんに、「自分のタイミングで(お空に帰って)いいんだよ」と
ずっと伝えていました。
その割には、体はつらそうなのに、なかなか肉体を脱げないのかなと思っていたら・・・

別件で、アニマルコミュニケーションの師匠には
「お膝の上で亡くなるって子もいると聞きますが
発作が起きて亡くなる子も多いので、私は今までお膝で看取ったことないんですよね」
って話していました。

そしたら・・・ゆうちゃんてば
本当にギリギリのギリギリ、一緒にいられるめいっぱいの時間まで一緒にいてくれて
そして、お膝の上で看取るということまでさせてくれて・・・
ゆうちゃんは本当に親孝行な子で、本当に本当にいい子で・・・
私の願いを叶えてくれたんだなと。。。


DSC02362.jpg


愛するうちの子とのお別れの時、
動物さんたちが願うことは、「穏やかな時間」です。


自分に置き換えて考えてみると、どんな最期を迎えたいか?
わたしは
愛する人たちに囲まれて、愛する猫たちに囲まれて
最期までいつも通り
穏やかに、静かに、最期の時を迎えたいです。


だから。。。
愛する動物さんたちにも、そういう最期を迎えさせてあげられるように。


IMG_1799.jpg

元気だった頃のゆうちゃんだけをご紹介しようかとも思ったのですが
20歳以上生きる猫さんも増えてきた昨今、
もしかしたら、飼い主さんが愛猫さんの死を看取るということが
生涯に1度か2度くらい、ということもあるかもしれません。
まだうちの子を看取ったことがない、という方もいらっしゃるかもしれません。

なので、
愛する子が天国に行くということが具体的にどうなっていくことなのか、
「その時」を、私たち家族はどうやって迎えさせてあげるべきなのか
少しでも参考になればと思い、書かせていただきました。



ゆうちゃんを応援してくださり、ご心配くださいました皆様
本当に本当にどうもありがとうございました。

ゆうちゃんは、きっととても幸せな猫生を過ごしてくれたと思います^^

IMG_1406.jpg




*******************

【ゆうちゃんにお花をどうもありがとうございました】


岩手県のK・N(奈美)様、美しいお花を本当にどうもありがとうございました。
ゆうちゃんにお供えさせていただきました。
DSC02442.jpg

カロリーエースなどのゆうちゃんへの栄養も本当にありがとうございました。
食べられなくなったゆうちゃんの命をつないでくれました。
温かいお気持ちに心から感謝致します。



M@世田谷さま、可愛いお花を本当にどうもありがとうございました。
ゆうちゃんにぴったりな、とっても可愛いお花です^^
DSC02445.jpg

ゆうちゃんへの医療費など、温かいお気持ちをいただき感謝致します。
ゆうちゃん、とても頑張ってくれました。
厚く御礼申し上げます。


*******************


★里親様とのご縁を広げるために
2ポチで応援クリックどうぞよろしくお願い致します!↓★

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
スポンサーサイト



コメント

ゆうちゃんまたね❗️

ゆうちゃん❗️最後まで優しくて優しくて‥とっても良いこだったんですね。
私はまだにゃんことのお別れの経験はありません。考えたくないけれど誰にでも寿命がある以上避けて通れないのも事実ですよね‥1日1日精一杯の愛情を注ぐ事だけは忘れないでいたいと思います❗️
かびごんさんとだんなさんが最後の時を一緒に過ごせて良かったです。ゆうちゃんの一番の親孝行ですね❗️ゆっくりゆうちゃんとの思い出を巡らせて下さいね❗️お疲れ様でした。

2019/01/14 (Mon) 19:25 | さんにゃんずまま | 編集 | 返信

先日のブログに、”次回ゆうちゃんのことを…”と書いてあったので、
もしかしてと思っていたのですが。。。
ゆうちゃんが最後まで皆と一緒にいたい気持ちも伝わってきて、涙が出ました。
まだ2歳になったばかりだったから、これからもっともっとかびごんさん達と
皆で一緒に過ごしたかったでしょうね。
ゆうちゃんはいつも良い子で可愛かったですよね♡
今頃は天国からいただいた綺麗なお花を見ているかな?
実は今日は私が初めて一人で育てた長女猫の命日(10年前)で、
病院から心臓が止まって、マッサージで蘇生したという連絡が入り、
仕事を早退して家に連れて行って、1時間位膝の上に乗せて、、、
自分の時と重なってしまい、胸が締め付けられる思いでした。
かびごんさんも看病お疲れ様でした。
看病するのは辛いけど、ゆうちゃんと密度の濃い時間を過ごせたかなと思います。
ゆっくり休んでくださいね。

ゆうちゃん、今までありがとう☆
天国でかびごんさん達を見守ってくださいね!!

2019/01/14 (Mon) 20:47 | KOTO | 編集 | 返信

Re: ゆうちゃんまたね❗️

さんにゃんずままさま

温かいコメントどうもありがとうございます。
本当に親孝行な良い子でした。
かびごん夫とセロくんも、最期の40分を一緒に過ごすことができました。
セロぴー、ちょっとへこんでましたけど・・・(^^;
可愛くて可愛くて、大好きだったので、やはりさみしいです。
そうですよね
生きている以上、必ず通る道ですので、その時を愛情で包んで穏やかに迎えさせてあげたいですね。
ゆっくり、ゆうちゃんとの思い出をめぐらせようと思います。

2019/01/14 (Mon) 22:14 | かびごん | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

KOTOさま

温かいコメントどうもありがとうございます。
そうでしたか・・・KOTOさまの長女猫さんのご命日でしたか。
病院から、大好きなママのお膝で1時間、きっとその子も幸せな最期を過ごしたことと思います。
親孝行な子でしたね。
ゆうちゃんも本当に最後まで親孝行してくれました。
もっと一緒にいたかったけれど、自分のお役目を終えてお空に帰って行ったのだと思います。
これからはかびごん家お空組のみんなと一緒に
我が家を見守っていてほしいなと願います。
本当にどうもありがとうございました。

2019/01/14 (Mon) 22:17 | かびごん | 編集 | 返信

ゆうちゃん、お疲れさま(。´Д⊂)
かびごんさんも、お疲れさまでした。
思うことはあるのに、うまく言葉が見つからないと言うか、文章が打てなくて…(・c_・`)

ゆうちゃんのご冥福をお祈りいたします。









2019/01/14 (Mon) 22:47 | 銀の翼 | 編集 | 返信

去年1/5 私の茶トラぼうちゃんが星になり
この1/6からかわいいかわいいゆうちゃんがお空に昇ってるのですね、
不思議、私も遠方から戻り、庭で遊んで思い出の場所(庭外)をぼうとまわり、最後まで信じられない程、幸せをくれました。
弱ってもケットの上で最後まで赤ちんみたいに甘々してくれたゆうちゃんも、今も幸せと言って。
今年も又ゆうちゃんも一緒に荘厳なお寺に階段一段一段登ります
かわいいかわいいゆうちゃんと私のかわいいぼうちゃん☆
かわいい写真をたくさんありがとうございます☆

2019/01/15 (Tue) 00:56 | oyuri | 編集 | 返信

ゆうちゃんへ

ゆうちゃん
天国に旅立ったんだね
今は、もう苦しくないかな
可愛いゆうちゃんが、大好きでした
ゆうちゃんは楽しかったよね
幸せだったよね
だから、最後にこんなにもかびごんさんに
恩返し、ねこさんたちにご挨拶をして
天国にいったんだね
どうか安らかに

2019/01/15 (Tue) 13:15 | けい | 編集 | 返信

ゆうちゃん また生まれ変わっておいでね!

ゆうちゃん 虹の橋に旅立って逝ったのね。
調子を崩した姿を拝見するとジン君達の時と同じように
残り時間が短くなっているのかなと感じてました。
かびごんさんのご実家で保護されたのも、かびごんさんの所に
来る運命だったのでしょうか?ここまでねいちん大好きっ子は
いませんでしたね。
短い生涯だったかもしれないけどギュっと濃い猫生を生きたと
思います。かびごんさんご夫婦、猫様達と触れ合って愛情いっぱい
感じてくれたと思いますよ。
悲しみは深いと思います。でもいっぱい愛し愛されゆうちゃんも
かびごんさんも幸せでしたね。
またいつか会える・・・きっと!!

2019/01/15 (Tue) 15:04 | ぴろ | 編集 | 返信

虹の橋はどう?

ゆうちゃん、今頃ふわふわ楽になったあんよで
虹の橋を飛び跳ねているかな。

愛する家族との別れは何年たっても、何回経験しても
都度悲しい想いは残るけど、お空から見守ってくれていると
信じてるし、今そばにいてくれるこを大切にしていきたいです。

2019/01/16 (Wed) 14:05 | ゆっちゃん | 編集 | 返信

気持ちの整理がつかず、文章も上手くまとめられず…この記事を読んでから、日が過ぎてしまいました。
ゆうちゃん、身体は辛かっただろうけど、かびごんさん達に看取られたことは、幸せだったと思います。
うぅ…なんか、やっぱり上手く言葉にできない(・c_・`)
ゆうちゃんのご冥福をお祈りいたします。
ゆうちゃん、またね。

2019/01/16 (Wed) 22:28 | 銀の翼 | 編集 | 返信

気持ちの整理がつかず、文章も上手くまとめられず…日にちが過ぎてしまいました。
ゆうちゃん、お空に行ってしまったんですね。
身体は辛かっただろうけど、かびごんさん達に看取られたことは、幸せだったと思います。
ゆうちゃん…またね。
ゆうちゃんのご冥福をお祈りいたします。

2019/01/16 (Wed) 22:32 | 銀の翼 | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

銀の翼さま

温かいコメント、本当にどうもありがとうございます。
私も・・・きちんと受け止めてはいるけれど
だからといって心が追い付いているかというとそうではないようで・・・
まだすごくすごく寂しいです。
その気持ちを銀の翼さまは分かってくださっているのだと思うと
とてもありがたいです。
優しいお気持ちに勇気づけられました。
どうもありがとうございました^^

2019/01/18 (Fri) 09:21 | かびごん | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

oyuriさま

ぼうちゃんのご命日とゆうちゃんの命日は1日違いだったのですね。
1年経っても、何年経っても、愛する子とのお別れはつらいものですよね。
今までお別れしてきた子のことを考えると
何年絶ってもまだ寂しさがあって、涙が出てきます。
ステキな思い出をたくさんもらった私たちは、天国にいる子たちが安心できるように
前を向いて頑張らないとですよね^^
温かいコメントどうもありがとうございました。

2019/01/18 (Fri) 09:23 | かびごん | 編集 | 返信

Re: ゆうちゃんへ

けいさま

温かいコメント、本当にどうもありがとうございます。
ゆうちゃんのことを可愛いと思ってくださり、嬉しいです。
コメントを拝読して、また涙が・・・
心にしみました。
ゆうちゃん、短い生涯だったけど幸せに生きてくれたと思います。
もっと一緒にいたかったです。。。
たくさん残してくれた素敵な思い出とともに、少しずつ前を向いて頑張ります。

2019/01/18 (Fri) 09:48 | かびごん | 編集 | 返信

Re: ゆうちゃん また生まれ変わっておいでね!

ぴろさま

お心のこもったコメント、本当にどうもありがとうございます。
コメント拝読してまたもや号泣です(涙)
大丈夫だと思っていても
やっぱりまだ泣けてきます。。。
可愛くて可愛くて、大好きだったゆうちゃんと会えないのが
ものすごく寂しいです。
かびごん実家に現れたのは、我が家に来てくれるためだったのだと思います。
白血病キャリアでなければ、うちの子にはなっていないので
ゆうちゃんはそういうの含めて全部わかったうえでうちに来てくれたんだと思います。
でも、お空に帰っちゃうの、ちょっと早すぎやしませんかって
やっぱりまだ涙が出てしまいます。
いつかまた会える!私もすぐにそっちに行くから~~(爆)
って、
うちの子たち全員看取るまで逝けませんが(笑)
ゆうちゃんに安心してもらえるように、前を向いて頑張ります。

2019/01/18 (Fri) 09:55 | かびごん | 編集 | 返信

Re: 虹の橋はどう?

ゆっちゃんさま

温かいコメントどうもありがとうございます。
そうですよね。
愛する子とのお別れは、何度経験してもそれぞれつらいですよね。
慣れることはありません。

だからこそ、今一緒にいられる時間を大切にしたいなと思えます^^
生きてるっていうことは、当たり前のことじゃないって
改めて思い知らされますよね。

佑ちゃんには、お空から見守っていてほしいなと思います。

2019/01/18 (Fri) 09:56 | かびごん | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

銀の翼さま

優しいお言葉をたくさん、本当にどうもありがとうございました。
私自身、まだ気持ちの整理もできていませんし
いまだにちょっとしたことで号泣しています。。。
ゆうちゃんが安心してお空にいられるように
ちゃんと前をむいて頑張らなきゃですよね。
本当にありがとうございました。

2019/01/18 (Fri) 09:58 | かびごん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント